萩原雪歩「事務所の出入口に落とし穴を掘って、大嫌いな美希ちゃんをはめます!」SS

公開日: 


1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 20:18:48.81 ID:Fgu/BWnK0
765プロ いつもの事務所にて……

ガチャ

雪歩「ただ今戻りましたぁ」

P「お、お疲れさん雪歩! レッスンの調子はどうだ?」

雪歩「もう、バッチリですぅ!」

P「そりゃよかった! 最近は、本当に調子がよさそうだな!」

雪歩「はい! これも全部、プロデューサーのおかげですぅ!」

P「え、俺の?」

雪歩「そうですよぉ!」

P「はあ……?」
2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 20:21:20.71 ID:Fgu/BWnK0
P「……俺、最近雪歩に何かしたっけか?」

雪歩「またまたぁ!」

P「って言われてもなぁ。特に心当たりがないんだが?」

雪歩「私のために、新しいユニットを作ってくれたじゃないですかぁ!」

P「あ、ああ……。『グルーヴィーチューン』を発足させたことか?」

雪歩「愛しの真ちゃんと四条さんがいつもそばにいてくれるなんて……うふふ!」

P「……なるほど、そういうことね」
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 20:24:28.21 ID:Fgu/BWnK0
P「あー、雪歩。一応言っておくが、別に雪歩のために作ったわけじゃない――」

雪歩「もう、最っ高ですぅ!」

P「は、ははは……。雪歩は本当に、真と貴音が好きなんだな」

雪歩「はい! 食事に例えるなら、真ちゃんがご飯で、四条さんがデザートなんですぅ!」

P「う、うーむ……。その例え、俺はどうかと思うが……?」

雪歩「えへへへぇ!」

P「まあ俺としては、残りの一人と雪歩が上手く調和できるか、心配だったんだがな」

雪歩「美希ちゃんのことなら、心配ご無用です!」

P「そ、そうか? ずいぶん声に力が入ってるな……」
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 20:27:24.70 ID:Fgu/BWnK0
雪歩「確かに最初は、恋敵が一緒なんて! って思ってました」

P「思ってたんだ、やっぱり」

雪歩「私の目の前で、私の真ちゃんにちょっかいを出さないで! って!」

P「私のって……。いやまあ、別にいいけど」

雪歩「でも、真ちゃんを巡る女の戦いを繰り広げているうちに――」

P「そんなことしてたのね」

雪歩「私と美希ちゃんの間には、女同士の熱い友情が芽生えまして!」

P「はあ。左様ですか」
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 20:30:22.08 ID:Fgu/BWnK0
雪歩「今では美希ちゃんも、私のハーレムの一員なんですよぉ!」

P「ハーレムって……おいおい」

雪歩「うふ! うふふ!」

P「しかもそれ、雪歩が勝手にそう思ってるだけなんじゃ……?」

雪歩「うふふふふふふふ!」

P「ま、まあその様子なら、俺が心配することは何もなさそうだな」

雪歩「はいぃ! 私は真ちゃんも四条さんも美希ちゃんも、全員平等に愛してみせますぅ!」

P「……やっぱり俺、心配になってきたよ。色んな意味で」
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 20:33:21.61 ID:Fgu/BWnK0
雪歩「今日も真ちゃんたちが帰ってきたら、四人でお茶会をするんですぅ!」

P「お、そうなのか? 俺はこれから営業に行くけど、ハメを外しすぎるなよ?」

雪歩「わかってますよぉ! えへへへへへぇ」

P「本当に大丈夫か……?」

雪歩「もちろんですぅ! 行ってらっしゃい、プロデューサー!」

P「おう! じゃあまたな、雪歩!」

バタン

雪歩「えへへへぇ……!」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 20:36:25.45 ID:Fgu/BWnK0
雪歩「三人とも、早く帰ってこないかなぁ……」

雪歩「今日のお茶会のために、最高級の玉露を買っておいたんだけど」

雪歩「真ちゃんも美希ちゃんも四条さんも、喜んでくれるかなぁ……?」

雪歩「ううん、きっと喜んでくれるよね!」

雪歩「ふぁ……。何だか、眠くなってきちゃった……」

雪歩「みんなが帰ってくるまで、ちょっとだけ休んでようかな」

雪歩「真ちゃん、美希ちゃん、四条さん……ふふ」
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 20:39:22.19 ID:Fgu/BWnK0
雪歩「楽しみですぅ……」

雪歩「ふふ、うふふふ……」

※   ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※

雪歩「う、ううん……ふぁ?」

雪歩「いけない! ちょっと寝すぎちゃったかな?」

雪歩「みんなが帰ってくる前に、お茶の準備をしないと――」

ガチャ

真「お疲れ様でーす!」
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 20:42:26.11 ID:Fgu/BWnK0
美希「ただ今戻りましたなのー!」

雪歩「あ、真ちゃん美希ちゃん! お帰りなさい!」

真「ん? 雪歩しかいないのか?」

美希「そうみたいだね、真くん」

真「ねえ、雪歩」

雪歩「ん? どうしたの、真ちゃん?」

真「プロデューサーって、今仕事中? それとも、どこかへ出かけたのかい?」

美希「ミキたち、今すぐお話したいことがあるんだけど」
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 20:45:26.07 ID:Fgu/BWnK0
雪歩「プロデューサーなら、ちょっと前にここを出て行ったよ?」

真「あちゃー……そうなのか」

美希「タイミングが悪いの!」

雪歩「真ちゃんたち、プロデューサーに何か用事があるの?」

真「ああ……そうだね」

美希「とっても大切な用事なの」

雪歩「そうだったんだぁ。入れ違いになっちゃったみたいだねぇ」

真「…………」

美希「…………」
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 20:48:20.31 ID:Fgu/BWnK0
雪歩「それなら、みんなでお茶会しながら待ってようよ!」

真「…………」

雪歩「すぐにお茶の準備をしてくるね! 四条さんも、もうすぐ帰ってくると思うし!」

美希「…………」

雪歩「楽しみだったんだぁ! 今日、みんなでお茶を飲みながらおしゃべりするの!」

真「…………」

雪歩「……あれ?」

美希「…………」

雪歩「ど、どうしたの、二人とも……?」
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 20:54:09.03 ID:Fgu/BWnK0
雪歩「何だか、怖い顔してるよ? お仕事で何かあったの――」

真「雪歩」

雪歩「真ちゃん……?」

真「ボクたち……」

雪歩「…………?」

真「ボクたち、もう終わりにしよう」

雪歩「え!?」
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 20:54:55.66 ID:Fgu/BWnK0
真「グルーヴィーチューンは解散だ。ボクはこれから、美希とやっていく」

雪歩「え、え……!?」

真「プロデューサーには、後でボクから話しておくよ」

雪歩「ウ、ソ……?」

真「そういうことだから、よろしくね」

雪歩「や……やだなあ、真ちゃん!」

真「…………」

雪歩「きゅ、急にそんな、笑えない冗談を言わないでよぉ!」

真「冗談なんかじゃ、ないさ」

雪歩「ま、またまたぁ!」
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 20:57:17.25 ID:Fgu/BWnK0
雪歩「わ、私を脅かそうとしてるだけだよね!? そうだよね!?」

真「ボクは本気だよ、雪歩」

雪歩「……あの……真ちゃん」

真「ん?」

雪歩「ウソ……だよね……?」

真「いいや」

雪歩「ウソだって言って……」

真「…………」

雪歩「お願いだから、ウソだって言ってよぉ!」
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 21:00:19.37 ID:Fgu/BWnK0
雪歩「だって! だって私、真ちゃんがいなくなったら――」

真「ウソじゃない!」

雪歩「ひうっ!?」

真「……もう、決めたことだから」

雪歩「ど、どうしてなの!? どうして、どうして急にそんなことを――」

真「悪いのは雪歩だろ」

雪歩「……え?」

真「ボク、このユニットを組むまで知らなかったよ」

雪歩「な、何を――」

真「雪歩がボクと貴音、二人にアプローチしてたってことさ」

雪歩「っ!?」
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 21:03:30.76 ID:Fgu/BWnK0
真「二股をかけてたんだよね」

雪歩「ふ、二股……!?」

真「雪歩がボクに好意を向けてくれること、ずっと嬉しかった。昔から、悪い気はしてなかったよ」

雪歩「あ……」

真「でも雪歩はボクだけじゃなくて、貴音にも同じことをしてたんだよね」

雪歩「そ、それは! それはぁ!」

真「ボクがご飯で、貴音はデザートだって? ははっ」

雪歩「ち、違うの! 別に私、二股なんてかけてるつもりじゃ――」

真「人を馬鹿にするのも大概にしろ!」

雪歩「ひっ!?」
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 21:06:54.75 ID:Fgu/BWnK0
真「はっきり言って、ショックだったよ。雪歩が、そんな人だったなんてね」

雪歩「ま、真ちゃん、お願い! 私の、私の話を――」

真「雪歩は、ボクの気持ちをもてあそんだ。でも、美希は違う」

雪歩「え……」

真「美希は最初から、純粋に、ボクだけを見てくれてた。そうだよね?」

美希「当然なの!」

雪歩「あ……あ……」

美希「だってミキが好きなのは、真くんだけだもん!」

真「ありがとう、美希。ボクらは今日からも、ずっと一緒だよね!」

美希「もちろんなのー!」

雪歩「ああ、あああ……!」
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 21:09:22.04 ID:Fgu/BWnK0
美希「ミキは雪歩みたいに二股なんてかけないから、安心していいの! あはっ!」

雪歩「み、美希ちゃん! 待って!」

美希「ん? 何なの?」

雪歩「わ、私の! 私の話を聞いてよぉ!」

美希「ミキが? 雪歩の話を?」

雪歩「わ、私……! 私!」

美希「うん?」

雪歩「私、真ちゃんとも美希ちゃんとも、離れたくない!」

美希「……はぁ?」
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 21:12:23.35 ID:Fgu/BWnK0
雪歩「だってこのユニットを組んでから、美希ちゃんとすっごく仲良しになれたもん!」

美希「ん?」

雪歩「これからも美希ちゃんと一緒に、たくさん思い出を作っていきたいの!」

美希「んー」

雪歩「だ、だから! だから私も真ちゃんと美希ちゃんのそばにいさせて――」

美希「ねえ、雪歩。今、仲良くなれたって言ったけどさ」

雪歩「う、うん!」

美希「それ、雪歩が勝手に思ってるだけじゃない?」

雪歩「……え?」
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 21:15:41.15 ID:Fgu/BWnK0
美希「ミキの雪歩への気持ちは、昔から全っ然変わってないよ?」

雪歩「そ、それって……どういう……?」

美希「気に入った子に誰彼構わずベタベタする、尻軽女」

雪歩「っ!?」

美希「それが、美希の雪歩に対する評価なの」

雪歩「……うう……ううぅ!」

美希「違う?」

雪歩「……ひどい……ひどいよぉ!」
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 21:18:26.41 ID:Fgu/BWnK0
雪歩「私、私、そんなつもりじゃ……!」

美希「そういえば最近は真くんや貴音だけじゃなくて、ミキにも色目を使ってたよね?」

雪歩「わ、私はただ、美希ちゃんともっと仲良くなりたくて――」

美希「うっとうしかっただけなの」

雪歩「な……」

美希「……ふぅ、やれやれなの。ハッキリ言うね」

雪歩「イ、イヤ……」

美希「これ以上……」

雪歩「うぅ……えぐっ……」

美希「これ以上、ミキと真くんに付きまとわないで」

雪歩「う、あ……う……!」
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 21:21:17.09 ID:Fgu/BWnK0
真「雪歩……」

雪歩「ま、真ちゃん……」

真「二股どころか、三股までかけるつもりだったの?」

雪歩「ち、違う! 違うのぉ!」

真「うわぁ……」

雪歩「違う違う違う! 違うぅ!」

美希「真くん! ミキ、雪歩にはこれ以上、関わらない方がいいって思うな!」

真「ああ、もちろんそのつもりさ。美希、これから頑張ろうね!」

美希「はいなのー! 真くんにならミキ、どこまでも付いていくの!」

雪歩「イヤ……! そんなの、イヤぁ……!」
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 21:24:20.18 ID:Fgu/BWnK0
雪歩「こんな、こんなのって……!」

ガチャ

貴音「話は聞かせていただきました」

雪歩「あ……!」


真「貴音か……」

貴音「ここまで関係がこじれてしまっていたとは……驚きましたよ」

雪歩「し、四条さん……!」

貴音「真、美希。本当に、解散するつもりなのですか?」

真「ああ。未練はないよ」

美希「ごめんねなの、貴音」
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 21:27:18.39 ID:Fgu/BWnK0
雪歩「う、ううぅぅ……」

真「悪いね貴音。結果的に、巻き込んじゃったみたいでさ」

美希「貴音は、これからどうするの?」

貴音「そうですね……。決定事項なのかもしれませんが、わたくしとしては――」

雪歩「四条さん!」

貴音「雪歩……?」

雪歩「わ、わた……私から……!」

貴音「……?」

雪歩「私から、離れて行かないでくださいぃ!」

貴音「…………」
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 21:30:21.03 ID:Fgu/BWnK0
雪歩「お願いしますぅ! 私、これから、四条さんのためなら何でもします!」

貴音「雪歩、頭をお上げなさい」

雪歩「もし一緒にいてくれるなら、今ここで土下座でも何でもしますからぁ!」

貴音「別にそのようなこと、わたくしは望んでおりませんが」

雪歩「四条さんにまで見捨てられたら、私は……私は……!」

貴音「ふむ……」

雪歩「もう、生きていけないですぅ!」

貴音「……なるほど」
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 21:33:56.38 ID:Fgu/BWnK0
貴音「わかりました」

雪歩「あ……!」

貴音「雪歩」

雪歩「は、はい!」

貴音「さようなら」

雪歩「……え」

貴音「さよならです、萩原雪歩」

雪歩「……そ、そんな……」

貴音「あなたとの関係は、今日限りとさせていただきましょう」
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 21:36:27.25 ID:Fgu/BWnK0
雪歩「……ど……して……?」

貴音「…………」

雪歩「どうしてですかぁ! だって私! 私ぃ! 四条さんが――」

貴音「わたくしにはあなたの心の中で、打算が働いたように感じられました」

雪歩「だ、さん……?」

貴音「真と美希の心は完全に閉ざされて、もうどうにもならない。だから……」

雪歩「……あ……」

貴音「だから二人を切り捨て、わたくし一人にすがり付いたのではありませんか?」

雪歩「そ、それは……!」
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 21:39:43.60 ID:Fgu/BWnK0
雪歩「でも! だって、だってぇ!」

貴音「わたくしは、そういう考え方が好きではありません」

雪歩「う、うううっ……!」

貴音「先程までは解散を阻止するため、手を差し伸べるつもりでした。ですが」

雪歩「四条さん……えぐっ……」

貴音「気が変わりました。結果論ですが、二兎を追う者は一兎をも得ず」

雪歩「うう……ううっ……四条さぁん……!」

貴音「ある意味、自業自得です。……真、美希」

美希「ん?」

真「何だい、貴音?」
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 21:42:36.12 ID:Fgu/BWnK0
貴音「わたくしも、あなた達の仲間に加えてはいただけないでしょうか?」

真「もちろんさ!」

雪歩「ああ……ああぁ……」

美希「貴音なら喜んで、なの!」

貴音「ふふ、ありがとうございます」

雪歩「ヤだ……。私を、仲間外れにしないでぇ……」

美希「とーぜん貴音は、ミキの真くんを奪ったりしないよね!」

貴音「ええ。わたくしは陰ながら、二人の仲を見守っております。ご安心ください」

真「ありがとう! これからも頼りにしてるよ、貴音!」

雪歩「イヤだぁ……。イヤだよぉ……!」
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 21:45:56.14 ID:Fgu/BWnK0
雪歩「えぐ……ひぐっ……!」

真「よし! 新しいスタートを切ったことだし、これから三人でご飯食べに行かない?」

美希「賛成賛成! 大賛成なのー!」

貴音「そうと決まれば、善は急げです。さっそく参りましょう」

雪歩「行かないでぇ……」

真「さーて! それじゃ何を食べよっかな?」

貴音「近くに新しく、らあめん屋ができたようですよ? いかがでしょう?」

美希「貴音は本当にラーメンが好きだよねー! あはっ!」

雪歩「行かないでよぉ……お願いだからぁ……!」
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 21:48:46.57 ID:Fgu/BWnK0
雪歩「お願い……お願いですぅ……」

キャッキャウフフ キャッキャウフフ

雪歩「お願いぃ!」

雪歩「真ちゃん!」

雪歩「四条さん!」

雪歩「美希ちゃん!」

雪歩「私を……」

雪歩「私を……私を捨てないでぇぇ!」

バタン!

雪歩「ううっ……ううううっ……」

雪歩「……ああ……ああああ……」

雪歩「ああああああああっ!」
45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 22:12:22.14 ID:Fgu/BWnK0
シーン

雪歩「……行っちゃった」

雪歩「えへへ……」

雪歩「私、捨てられちゃったのかぁ……」

雪歩「えへ、えへへ、えへへへへ……」

雪歩「えへへへへ……へへ……う……」

雪歩「ううっ……ひぐっ……えぐっ」

雪歩「う……うああ……」

雪歩「うあああああああん!」
46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 22:15:33.37 ID:Fgu/BWnK0
雪歩「ぐすっ……どうして……」

雪歩「どうしてこうなっちゃったのかなぁ……」

雪歩「私はただ……真ちゃんも、四条さんも、美希ちゃんも……」

雪歩「みんなが、好きだっただけなのに……」

雪歩「…………」

雪歩「これから私、どうやって生きていけばいいんだろ……?」

雪歩「もう、765プロにはいられないよね……」

雪歩「うぅ……真ちゃぁん……」

?『……ほ! おーい! おーいってば!』
47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 22:18:47.31 ID:Fgu/BWnK0
雪歩「美希ちゃん……四条さぁん……」

??『……きほ? 平気なの!?』

??『……きほ! 気を確かに!』

雪歩「……あれ?」

『『『雪歩!』』』
48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 22:21:33.54 ID:Fgu/BWnK0
雪歩「どうして……? いなくなったはずの、みんなの声が聞こえる――」

パァァァァ

雪歩「あ、光が……!」

※   ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※

真「おーい! 雪歩! 雪歩ってば!」

雪歩「うーん、うーん……はっ!?」

美希「あっ!」
49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 22:24:42.63 ID:Fgu/BWnK0
美希「真くん、貴音! 雪歩、目を覚ましたみたいだよ!」

雪歩「美希……ちゃん?」

真「大丈夫かい、雪歩! しっかりするんだ!」

貴音「ずいぶんとうなされておりましたが、気分はいかがですか?」

雪歩「真ちゃんに、四条さんも……」

真「雪歩、ちょっと額に触るよ!」

美希「どうなの、真くん?」

真「……うん、熱はなさそうだ!」

貴音「どうやら、悪い夢を見ていただけのようですね」

雪歩「悪、夢……?」
50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 22:27:29.27 ID:Fgu/BWnK0
美希「雪歩! 心配させないでほしいの!」

雪歩「あの、私……?」

真「ボクらが事務所に帰ってきたら、ソファーで雪歩が寝てたんだよ」

美希「とっても気持ちよさそうだったから、起こすの悪いと思ったの」

貴音「ですからわたくしたちで先に、お茶会の準備を進めていたのです」

雪歩「あ……。そういえばお茶の準備をする前に、私……」

真「そしたら急に、雪歩が苦しみ出すからさ! ボク、ビックリしちゃったよ!」

美希「しかも雪歩、すっごく悲しそうに泣いてたの!」

貴音「体も時折、わなわなと痙攣させておりました」

真「それにうわ言で、ボクらの名前を何度も呼んでるし!」

雪歩「……そっか。あれは全部、夢だったんだ……」
52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 22:30:30.88 ID:Fgu/BWnK0
雪歩「……う、う……」

真「ん? 雪歩?」

美希「どうしたの?」

貴音「もしや、やはり体の具合が――」

雪歩「うわああああああああん!」

真「うわわわっ!?」

美希「ゆ、雪歩!?」

貴音「ど、どうして泣くのです!?」

雪歩「よかったよぉ! 夢で本当によかったよぉぉ!」
54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 22:33:33.22 ID:Fgu/BWnK0
雪歩「捨てられてなくてよかったですぅぅ!」

貴音「……はて? 捨てられる?」

美希「ねえ、真くん。雪歩ってさっきまで、どんな夢を見てたと思う?」

真「う、うーん……。何となく、想像できるような、できないような……?」

雪歩「ふぇぇぇぇん!」

貴音「何はともあれ、とんでもない夢を見ていたのは間違いないようですね」

真「ははは! 全く、雪歩は心配性だなあ!」ギュッ

雪歩「はうっ!?」
55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 22:36:57.68 ID:Fgu/BWnK0
雪歩(ま、真ちゃんが、私の右腕に抱き付いて……!?)

真「ボクらが雪歩を見捨てるなんてこと、あるわけないだろ?」

美希「真くんの言う通りなの! だって、せっかく仲良くなれたんだよ?」ギュウ

雪歩「はぅあっ!?」

美希「雪歩はミキにとって、なくてはならないとっても大切な人なのー!」

雪歩(こ、今度は美希ちゃんが、私の左腕に……!)

美希「あ。でも、真くんはミキのものだからね!」

真「こ、こら美希!? 何を言ってるんだよ!?」

美希「ふふふふーん、なの!」

貴音「雪歩……」ギュム

雪歩「ひゃうっ!?」
58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 22:39:45.44 ID:Fgu/BWnK0
雪歩(し、四条さんが、私の後ろから手を回して……!?)

貴音「わたくしは、雪歩や皆と語り合える、今の場所が大変心地よいのです」

雪歩「し、四条さん……」

貴音「ですからわたくしも、絶対に雪歩を逃がしたりなどしませんよ? ふふっ」

雪歩「あ、はぅ……!」

真「これからもグルーヴィーチューンのメンバーとして!」ギュッ

美希「よろしくお願いするの!」ギュウ

貴音「共に、高みを目指しましょう!」ギュム

雪歩「……きゅう」ガクッ

真美希貴音「「「雪歩ー!?」」」
59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 22:42:37.71 ID:Fgu/BWnK0
貴音「大変です真、美希! 雪歩が、また意識を失ってしまいました!」

真「しかも今度は、鼻血まで出してるぞ!」

美希「な、何なのなの!? 何なのなのー!?」

雪歩「……えへ、えへへへへ」

真「な、何だか不気味な笑いを浮かべてる!?」

貴音「もしや! 先程見た悪夢のせいで、気がおかしくなってしまったのでは?」

美希「た、大変なの! 早く病院! 病院に電話しなきゃなのー!」

雪歩「えへへ……。私、やっぱり幸せでしたぁ……」

雪歩「えへへ、へへへへぇ……!」
60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 22:46:41.10 ID:Fgu/BWnK0
小鳥「その後、程なくして意識を取り戻した雪歩ちゃんは」

P「真、美希、貴音の三人と一緒に」

小鳥「幸せなお茶会の時間を過ごしましたとさ」

P「めでたしめでたし!」

小鳥「ねえ……プロデューサーさん」

P「何でしょう?」

小鳥「もし雪歩ちゃんの見た悪夢の方が、本当は現実だったとしたら――」

P「うわわわ! ストップ! ストーップ!」

小鳥「でも、可能性としては――」

P「妄想もほどほどにしてください! そんなこと、恐ろしすぎて考えたくもないですよ!」

小鳥「……ですね。ごもっともでございます、プロデューサーさん」

おしまい
61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 22:47:32.58 ID:Fgu/BWnK0
以上になります。

ふと閃いたネタを形にしてみようと思ったものの、いざ書き始めると心が痛かったです。

雪歩ハーレムに幸あれ!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 22:52:20.55 ID:nmRmD5L0o
おつ
良かった、一人ぼっちな雪歩はいなかったんだね
65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/09(木) 22:55:07.00 ID:pBA4XXQs0
おつー
どっちが現実なんでしょうねぇ…


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑