双海真美「ゆきぴょんのシャベルを隠したら、真っ暗な部屋に監禁された」SS

公開日:  最終更新日:2015/10/18


1 : ◆PQxO3wwU7c 2015/02/20(金) 23:15:25.30 ID:oSaqVPw80
雪歩「っていうゲームがあるんですけど……」

P「……●剛じゃなくて?」

雪歩「こんご●?」

小鳥「ぶちギレ金●は、ある意味有名ですよね」

真美「あ、真美知ってるよ! ゲーム情報誌に出てた」

P「本当にあるゲームなのか……」

真美「再来月発売予定だったかな? 見た感じは、なんか面白そうだったよ」

P「で、そのゲームがどうしたんだ、雪歩?」

雪歩「はい。先行モニターってことで、うちにソフトが届いたんです」

真美「おお! マジで?」

小鳥「それはすごいわね」

P「なんで雪歩のところに?」

雪歩「えへへ、それは内緒です」

P「?」

小鳥「今あるの?」

雪歩「はい。私、あんまりゲームは得意じゃないんで……」

P「ああ……」

小鳥「そういうことなら、私でもいいけど……」

真美「んっふっふ~、真美の出番だね!」
2 : ◆PQxO3wwU7c 2015/02/20(金) 23:16:19.86 ID:oSaqVPw80
「ぶちギレ●剛!!」は知らなくても問題ないです。
「る●うに剣●」と「ボト●ズ」を知らないとわかりにくいところがあると思います。

no title

3 : ◆PQxO3wwU7c 2015/02/20(金) 23:18:08.84 ID:oSaqVPw80
真美「それじゃ、さっそくスタート!」

P「この主役キャラの萩原って、どう見ても……」

雪歩「え?」

P「いや、なんでもない……」

真美「あれ? キャラ選べないの?」

小鳥「雪歩ちゃん、説明書ある?」

雪歩「あ……はい、これですか?」

小鳥「え~と……初回プレイは、萩原シナリオモードしか選べないみたいね」

真美「オッケー。じゃあ、萩原セレクト、と」

P「……」

小鳥「……」

雪歩「……」

真美「ロードながっ!」
第1話『重機vsスコップ! 仁義なき戦いの幕開け』
萩原「ふぅ……いい穴掘れた。えへへ」

作業員「邪魔だ!」

萩原「きゃっ!」

作業員「スコップなんかで、ちんたら穴掘ってんじゃねえよ!」

萩原「ひぃっ!?」

作業員「ここは女子供の来る場所じゃねえ。さっさとおうちに帰んな」

萩原「す、スコップをバカにしないでください!」
雪歩「そうですよ!」

真美「そーだそーだ!」

P「なんだ、これ……」
4 : ◆PQxO3wwU7c 2015/02/20(金) 23:20:32.52 ID:oSaqVPw80
作業員「あ? そんなもんでユンボに勝てるとでも思ってんのか?」

萩原「……勝てます」

作業員「おもしれえ、やってみろよ」
─ vs パワーショベル ─
P「それで、なんで穴掘り勝負じゃなくて、戦闘になるんだ?」

小鳥「そ、そういうゲームですから」

真美「ふっふ~ん、真美の腕の見せ所だね」

P「ちょっと待った。萩原の装備って、スコップだけ?」

小鳥「そうみたいですね」

真美「あはは、ゆきぴょんみたいだね」

雪歩「え? そ、そっかな?」

P「……」

小鳥「技はわかる?」

真美「こういうゲームは、だいたいコマンド一緒じゃない?」

小鳥「それもそうね」

P「格ゲー……なのか、これ?」

真美「まあ、やってみればわかるっしょ」

雪歩「そ、そうだよね」
─ 戦闘開始! ─
真美「まずは……これ! (↓ ↘ →○)」

P「……」

真美「あれ? なんも出ない?」

小鳥「飛び道具系の技はないみたいね」

真美「え~?」

雪歩「そうです! 飛び道具(チャカ)なんて邪道です!」

P「雪歩……飛び道具をチャカって呼ぶのはやめような」
5 : ◆PQxO3wwU7c 2015/02/20(金) 23:22:59.30 ID:oSaqVPw80

グォォン!

萩原「きゃあ!」
真美「ああ、よけられなかった! くっそー」

P「なんで、生身でパワーショベルのスイング食らって生きてるんだ……?」

小鳥「ま、まあ……そのへんはゲームですから」

真美「だったら、今度は引きつけて……(→ ↓ ↘○)どうだ!」
萩原「えいっ!」

ガンッ!
小鳥「ああ! 昇●拳……っていうか、龍翔●みたいな技が!」

P「ていうか、まんま●翔閃じゃ……」

真美「よーし、この調子で……」

雪歩「違うよ、真美ちゃん」

真美「え?」

雪歩「パワーショベルの弱点は、油圧シリンダーだよ」

真美「ゆ、ゆあつ?」

小鳥「真美ちゃん、ちょっとPauseにして」

真美「あ、うん」

小鳥「この……棒の部分が油圧シリンダーよね、雪歩ちゃん?」

雪歩「はい、そうです」

真美「ってことは、上から攻撃か~」

小鳥「そうなるわね」

真美「ん、わかった。やってみる」
6 : ◆PQxO3wwU7c 2015/02/20(金) 23:24:55.83 ID:oSaqVPw80
小鳥「あの足場、登れるんじゃないかしら?」

真美「え~と……お、いけた!」
キュラキュラキュラ

萩原「……」
真美「もうちょっと、近くまで……」

雪歩「……」ゴクッ

真美「今だ!(↓↓○)」
萩原「やぁ!」

ドゴォ!

作業員「うおっ!?」
真美「おお! 萩原カッケー!」

雪歩「うん!」

P「あ~……やっぱり●槌閃かぁ」

小鳥「龍槌●ですねぇ」
萩原「ど、どうですか!」

作業員「くそっ、アームが動かねえ!」
真美「やった!」

雪歩「あとは突進だけ注意して」

真美「へへっ、よゆーよゆー」
萩原「重機なんかに、私のスコップは負けません!」

ドッゴォォォ!

作業員「うわぁぁぁぁ!」
真美「よっしゃ、勝ち!」

雪歩「やった、真美ちゃん!」

P「あれ……なんか、ちょっと面白そうじゃないですか?」

小鳥「ええ、意外と面白そうですね」
8 : ◆PQxO3wwU7c 2015/02/20(金) 23:27:00.57 ID:oSaqVPw80
第2話『第一の刺客! 重機のアイドル鬼ヶ島』
P「いちおうストーリーがあるのか」

小鳥「そうですね。え~と、プレイヤーは萩原組二代目になって……」

P「なんか、あれみたいですね。ヤ」

雪歩「建設会社です」

P「……」

小鳥「先代の仇である九六一建設に、スコップひとつで戦いを挑む……っていうのがおおまかなストーリーですね」
萩原「あれは……九六一建設の工事現場!」

タタタッ

警備員「ちょっと君! 入っちゃダメだよ!」

鬼ヶ島「うわっ、危ねえ! いきなり飛び出してくるんじゃねえよ!」

萩原「く、九六一社長はどこですか?」

鬼ヶ島「は? なんだよ、お前?」

萩原「萩原組二代目です!」

鬼ヶ島「ああ、お前がそうか。零細のくせに、うちに楯突いてる萩原組ってのは」
真美「あはは、この鬼ヶ島って、あまとうに似てるね」

P「似てるっていうか……」

小鳥「そのままですよね……」
萩原「私は、父の仇を……」

鬼ヶ島「お前の事情なんか興味ねえよ。九六一のおっさんからは、見つけ次第潰すように言われてるしな」

萩原「……」

鬼ヶ島「わかったら、さっさと消えろ。今なら見逃してやる」

萩原「……もう一度聞きます。九六一社長はどこですか?」

鬼ヶ島「ちっ、バカが」

萩原「話し合いができないなら、このスコップで聞くまでですぅ」

鬼ヶ島「めんどくせえが、相手してやるよ」
9 : ◆PQxO3wwU7c 2015/02/20(金) 23:29:01.77 ID:oSaqVPw80
真美「うわ、あまとうむかつく!」

雪歩「うん、ゲームでも感じ悪いよね」

P「いや、これは鬼ヶ島だから……」
─ vs ブルドーザー ─
キャー! ラセツクーーーン!

ラセツクン、ガンバッテーーー!

鬼ヶ島「ちっ、外野がうるせえな」

萩原「……」

鬼ヶ島「なに見てんだよ?」

萩原「自意識過剰ですか? うわ……」

鬼ヶ島「ち、ちげーよ!」
真美「あまとうだったら、遠慮なくボコボコにしていいよね!」

雪歩「そうだね!」

P「……」

真美「先手必勝!」
ガンッ!

鬼ヶ島「そんなもん効くかよ」

萩原「えっ!?」

キュラキュラキュラ

萩原「きゃっ!」
10 : ◆PQxO3wwU7c 2015/02/20(金) 23:31:06.86 ID:oSaqVPw80
真美「うぇっ!? なんか、すごくかたいよ。あの前の板」

雪歩「あれはブレードだよ、真美ちゃん」

真美「ブレード!」

雪歩「ブルドーザーは、攻防一体のブレードと突進力を持った強敵だよ」

P「いや、あくまで地ならしするためのもので、人に向けるものじゃないからな」

真美「ブルドーザーの弱点って、どこ?」

小鳥「やっぱり、無防備な背後じゃないかしら」

真美「じゃあ、回り込めば……」

雪歩「それは違います」

小鳥「え?」

雪歩「最強の盾で守られている前面こそ、いざ突かれると脆いものなんです」

P「ゆで理論かよ」

真美「じゃあ、ブレードが持ち上がったときに攻撃すればいいんだね!」

雪歩「そうだよ、真美ちゃん!」

真美「よ~し……(←ため)」

P「……」

小鳥「……」

ゆきまみ「「今だ! (→○)」」
萩原「え~~~い!」

ドゴォ!

鬼ヶ島「なにぃ!?」
11 : ◆PQxO3wwU7c 2015/02/20(金) 23:32:45.51 ID:oSaqVPw80
P「牙●……ですよね」

小鳥「ええ、●突ですね」

P「飛天●剣流だけじゃないのか、萩原……」

真美「やった!?」

雪歩「まだだよ、真美ちゃん!」

真美「え?」

雪歩「ブルドーザーの動きが止まっただけだから、あとは……」

真美「そっか、あまとうだね!」

P「いや、だから鬼ヶ島な」

真美「運転席に上って……」
萩原「地獄に堕ちやがれです」

no title
ザクッ

鬼ヶ島「ぎゃあぁぁぁ……!」
小鳥「ぅゎ……」

真美「やった!」

雪歩「やったね!」

小鳥「……」

P「……」

小鳥「今の『やった』って……」

P「気のせいですよ……」
───

──


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/20(金) 23:37:16.22 ID:AwkktqeDO
やだこのゲームちょっと面白そうww
13 : ◆PQxO3wwU7c 2015/02/20(金) 23:37:30.08 ID:oSaqVPw80
P(それから仲間を増やしつつ、九六一建設の刺客が操る重機を順調に撃ち破り……)
♪~~
P「なんか、聞いたことあるようなイントロが……」

小鳥「たしかに……」

真美「おっ、出た!」
第7話『機甲工兵ハギワラ』

─ vs スコー●ドッグ ─
雪歩「ろ、ロボット?」

P「重機じゃないのが来た!?」

小鳥「おお!?」
♪ヌスマレター カコヲサガシツヅケテー

キリ●「……」
小鳥「死なない人来ちゃった!」

P「なんで工事現場に……」

ゆきまみ「「?」」

小鳥「……」ウズウズ
♪ホノオノーニオイ シミツイテー
小鳥「むせる!」

ゆきまみ「「!?」」

小鳥「あ、あら……私ったら。うふふ」

P「さすがに、雪歩と真美は知らないか……」
14 : ◆PQxO3wwU7c 2015/02/20(金) 23:40:21.82 ID:oSaqVPw80
作業員「危ねえな! ぼけっと突っ立ってるんじゃねえよ!」

●リコ(土埃と機械油の匂い。怒号と打突音が飛び交い、キャタピラが地の底を這う)

キ●コ(安息の地を求めて辿り着いたこの場所も、どうやら地獄だったようだ)
小鳥「の、脳内ポエム!」

P「頼むから、アス●ラギウス銀河に帰ってくれ」

雪歩「あんなのポエムとは認められません!」

P「……」
萩原「こ、工事の邪魔をしないでください」

キリ●「いくぞ……」

キュィィィィン
真美「このタコさん、はやっ!」

P「キャラどころか主題歌までまんま使ってるけど、いいんですかね?」

小鳥「私に聞かないでください」
キ●コ「……」

ガガガガガ…!

萩原「うっ……!」
真美「銃うってきた!」

小鳥「いきなりバ●カンセレクター!」

P「生身の女子高生相手に容赦ないな、●リコ……」
●リコ「とどめだ」

ガガガガガ…!

萩原「甘いですっ!」

カンッ、カカカンッ!

キリ●「なに……!?」
真美「お? タイミングよく△ボタン押すとスコップで弾けるよ!」

雪歩「やっぱりスコップは万能だね!」

P「マジかよ……」

小鳥「30mm弾ェ……」
15 : ◆PQxO3wwU7c 2015/02/20(金) 23:42:32.35 ID:oSaqVPw80
キ●コ「お前もPSか……」

萩原「PS……?」
真美「P●4だし!」


小鳥「その●Sじゃないから」

P「いくらPSでも、生身にスコップでATとは戦えないだろ……」
萩原「あなたは私を怒らせました……」

キリ●「……?」

萩原「We love ●EGA!」ゴゴゴゴゴ…!
─ SS(スーパースコップ)モード発動! ─
小鳥「We love SEG●!」

P「音無さんはわかるけど、萩原は女子高生だよな……」

真美「でいっ!(○連打)」

小鳥「おお、龍巣●!?」

P「た、ただの滅多打ちですよ」
ドッ! ゴッ! バキッ!

●リコ「う、おっ……!」

萩原「これで!」

キ●コ「シャ●コ、来てくれ」

シャッ●「おう」

キュィィィィン

萩原「!?」
P「ベ●ゼルガまで来た!」

小鳥「おおお!」
16 : ◆PQxO3wwU7c 2015/02/20(金) 23:44:48.70 ID:oSaqVPw80
●ャッコ「……」

no title
ガシュン!

萩原「きゃっ!」
真美「うあ!? 盾からなんか飛び出したよ!?」

P「ああ、パイ●バンカーはちょっと重機っぽいな」

小鳥「む、むせる!」

雪歩「わっ! またさっきのが来ますぅ!」

真美「えぇい、だったら!(→ ↘ ↓ ↙ ← →○)」
萩原「やぁぁぁぁ!」

シ●ッコ「ぬぅ!」

ガキィィィン!

シャ●コ「!?」
小鳥「牙●・零式!」

P「萩原がパイル●ンカーに押し勝った!?」

雪歩「倒れてるうちにとどめだよ、真美ちゃん!」

真美「おっし!」
シャ●コ「ぐ……!」

萩原「ガチムチはNGですぅ」

ザクッ

シャッ●「ぐあぁぁぁぁ!」

キリ●「●ャッコ!」

キュィィィィン
小鳥「ショルダー野郎が来たわ!」

真美「んっふっふ~、自分からつっこんでくるなんて……」

雪歩「飛んで火に入るなんとやらですぅ」

小鳥「え?」
17 : ◆PQxO3wwU7c 2015/02/20(金) 23:47:18.45 ID:oSaqVPw80
ボコォ

●リコ「なにっ!?」

萩原「掛かりましたね」
小鳥「落とし穴!?」

真美「動き回れないように、トラップを仕掛けておいたんだ」

雪歩「作戦勝ちだね」

P「いつのまに……」

雪歩「真美ちゃん!」

真美「うん!」

ゆきまみ「「せ~の……」」
萩原「発破!」

ドオォォォォ……ン!
小鳥「……」

P「萩原組こえー……」

真美「あれ? 戦闘が終わらないよ?」

雪歩「まだ息があるんじゃないかな?」

真美「そっか、じゃあ楽にしてあげないとね」

P「……」

小鳥「……」

真美「え~と……あっ、あそこか」

雪歩「爆発で飛ばされたみたいだね」

真美「よ~し……」
18 : ◆PQxO3wwU7c 2015/02/20(金) 23:48:52.76 ID:oSaqVPw80
萩原「……」

キ●コ「……」
P「いや待て。キ●コだったら、ここは……」

真美「え?」
キリ●「……」キラッ

萩原「!」
小鳥「出た! 死んだふりからアーマー●グナム!」

雪歩「真美ちゃん!」
萩原「そんな豆鉄砲!」

チュィィィン!

●リコ「!?」

真美「うあ、あぶなっ! 兄ちゃんが教えてくれなかったら防げなかったよ」

雪歩「真美ちゃん、すごい!」
萩原「その手はお見通しですぅ」

キ●コ「くっ……!」

萩原「必ず●ぬはずです! 人間なら!」

ザクッ

キリ●「うおぁぁぁぁ!」
P「異●生存体まで……」

小鳥「げ、ゲームですから……」

真美「よし、次いこー!」
19 : ◆PQxO3wwU7c 2015/02/20(金) 23:50:38.03 ID:oSaqVPw80
第8話『強襲! アニマルマスター我那覇』
我那覇「そのスコップ……お前が萩原か!」

萩原「あ、あなたは誰ですか?」

我那覇「自分はアニマルマスター我那覇だ!」
P「せめて当て字にするとかさ……」

小鳥「わ、わりとメジャーな苗字じゃないですか、沖縄では」

真美「あはは、ひびきんにそっくりだね」

小鳥「……」

P「ああ、うん……そうだね」
我那覇「九六一社長から聞いてるぞ! 重機を破壊しまくってる極悪人って!」

萩原「い、言い掛かりですぅ」
真美「えぇ? なに言ってんの、我那覇?」

雪歩「きっと、九六一社長に騙されてるんだよ」

小鳥「敵に騙されるって、またベタなキャラですね」

P「言ってることは間違ってませんけどね」
萩原「邪魔をするなら、スコップの錆にしてやりますよ?」

我那覇「ふふん! お前の弱点は知ってるんだからな」

萩原「?」

我那覇「いけ、いぬ身!」

いぬ身「わんっ!」
20 : ◆PQxO3wwU7c 2015/02/20(金) 23:52:19.15 ID:oSaqVPw80
─ vs いぬ身 ─
萩原「い……」
雪歩・萩原「「犬ぅ!?」」

真美「ゆ、ゆきぴょん?」

雪歩「い、犬……犬ですぅ……」

小鳥「お、落ち着いて雪歩ちゃん。あれはゲームのキャラよ?」

P「重機どころか、機械ですらない犬が来ちゃったよ……」

小鳥「そういえば、●剛でも犬と戦ってましたね」

P「あっちはあっちで、犬が重機を動かしてましたけどね」
いぬ身「わんわんっ!」

萩原「ひぃ!? こ、こっち来ないで!」

我那覇「あっはっは、謝るなら今のうちだぞ」
真美「犬が近付くと攻撃出せないよ! どうすんの!?」

雪歩「ごめんなさいごめんなさい……」ブツブツ

真美「ゆきぴょんまでこれだし」
我那覇「いつまで逃げられるかな~?」

いぬ身「わんわんっ!」

萩原「いやぁぁぁぁ!」
真美「くっそー、あとでひびきんに八つ当たりしてやる」

P「ひどいとばっちりだな」
我那覇「今だ、いぬ身!」

いぬ身「わんっ!」

絶 天狼●刀牙!

no title
萩原「きゃあぁぁぁ!」
真美「な、なんか技を使ったよ、犬!?」

P「お、おう」

小鳥「うわぁ……懐かしい」

P「え?」

小鳥「いえいえ」
21 : ◆PQxO3wwU7c 2015/02/20(金) 23:54:12.34 ID:oSaqVPw80
我那覇「ここまでだね」

萩原「も、もうダメですぅ……」
真美「また同じのもらったらヤバいよ!」

小鳥「真美ちゃん、こういうときは……」

真美「あ、そっか! よ~し……」
萩原「え、えいっ!」

ガッガッガッ

いぬ身「わふっ?」

我那覇「え!?」
P「地面に潜った!?」

小鳥「そうよ! あとは狙いを定めて……」

真美「……ここだ!」

P「おお、我那覇の背後に!」
我那覇「なっ!?」

萩原「形勢逆転ですぅ」

我那覇「……」

萩原「謝るなら、今のうちだよ?」

我那覇「ふ……ふふん。自分を見くびってもらっちゃ困るさ」

萩原「え?」

我那覇「たっ!」

シュバッ

萩原「!?」
真美「おおっ、飛んだ!?」

雪歩「あそこだよ、真美ちゃん!」
22 : ◆PQxO3wwU7c 2015/02/20(金) 23:55:48.72 ID:oSaqVPw80
我那覇「自分、ダンスやってるからな! 簡単には捕まらないぞ!」

萩原「……!」
真美「ひびきんみたいなこと言ってる!」

P「料理が得意で、意外と家庭的だったりしそうだな、我那覇」

小鳥「意地っ張りだけど、実は寂しがり屋だったりしそうですね」

雪歩「真美ちゃん! 逃がしたら、また……」
我那覇「今のうちに、いぬ身を……」

萩原「いっ!?」
雪歩「いっ!?」

真美「させるかぁ!(↙ ← ↖ ↑ ↗ → ↘ ↓○)」
ズズズ……

我那覇「えっ!?」

萩原「逃がさないよ……?」
小鳥「地面がすり鉢状に!?」

真美「アリジゴクだ!」

P「萩原こえー……」
我那覇「で、出られない!?」

萩原「もがけばもがくほど、引きずり込まれるだけだよ……?」

我那覇「うぎゃー!」
23 : ◆PQxO3wwU7c 2015/02/20(金) 23:57:29.33 ID:oSaqVPw80

ズズズ……

萩原「捕まえた♪」

我那覇「ひぃ!?」

萩原「ちゃんと動かなくなってから埋めてあげるね?」

我那覇「ご、ごめんなさいごめんなさい!」
─ 我那覇が仲間になった! ─
P「えぇ~……」

真美「仲間が増えたよ!」

雪歩「やったね真美ちゃん!」

P「……」

小鳥「……」
我那覇「自分、動物と仲良くなれるから、役に立つぞ!」
小鳥「この手のゲームだと、最後まで能力が活かされないパターンですよね」

P「ま、まだわからないじゃないですかー」
───

──


25 : ◆PQxO3wwU7c 2015/02/20(金) 23:59:26.01 ID:oSaqVPw80
P(ゲームもいよいよ佳境。九六一建設本社ビルに迫り、社長側近の重機部隊を撃破して……)
第12話『首都震撼! 決戦・九六一ビル』
九六一「ふんっ、弱小建設会社と侮っていたが、まさかここまで来るとはな」

萩原「あなたが、父の仇……!」
真美「おお! 最終決戦って感じだね!」

雪歩「うん、いよいよだね!」

P「わかってはいたけど、やっぱりあの人ですね」

小鳥「ええ……顔がよく見えないところまでそっくりですね」
九六一「小娘が、私を誰だと……」

機●隊「全員動くな! おとなしくしろ!」

萩原「!?」

九六一「なに……!?」
真美「おお!?」

小鳥「警●来た!」

P「そりゃ、これだけ派手に暴れてれば」

雪歩「……」
●動隊「全員検挙する!」

九六一「ふんっ、●察ごときが、この私の邪魔をするとは」

萩原「身の程を教えてやりますぅ」
P「なに言ってんの、この人たち!?」
我那覇「自分たちも助太刀するぞ!」

鬼ヶ島「しょうがねえな」

キ●コ「……」

シャ●コ「……」
─ vs ●視庁機●隊 ─
26 : ◆PQxO3wwU7c 2015/02/21(土) 00:01:16.15 ID:J7biziQz0
P「やめやめ! ここまで!」

真美「え~? もうちょっとでクリアだよ」

雪歩「そうですよぉ」

P「とにかく、これ以上はダメ!」

小鳥「そ、そうですね。さすがに、この展開はちょっと……」

真美「ちぇ~」

雪歩「あの……それで」

P「ん?」

雪歩「このゲームはどうでしたか?」

P「どうって……」

小鳥「ねえ?」

真美「真美はけっこう面白かったよ」

小鳥「まあ、このまま発売するんだったら、私も欲しいかも」

P「できるものなら、だけど」

雪歩「……」

P「ていうか、これ……うちの事務所的にも、さすがに開発元と話をしないと」

雪歩「はい、わかりました! ちょっと待っててください」

P「え?」

ピッ

雪歩「あ、お父さん? うん、プロデューサーが今からうちに行くって」

P「!?」

真美「……」

小鳥「……」
27 : ◆PQxO3wwU7c 2015/02/21(土) 00:02:58.79 ID:J7biziQz0
雪歩「かちこみってなに? 大事な用事なんだから、そんなの後にして!」

P「か、カチコミも大事な用事かな~って……」

真美「え~と……真美、もう帰るね~」

小鳥「わ、私も……仕事しないと、律子さんに怒られちゃうわー」

P「ちょっ、二人とも……」

雪歩「うん、すぐ行くから待ってて」

ピッ

雪歩「お待たせしました、プロデューサー」

P「ま、待て雪歩。俺もまだ仕事が……」

雪歩「え……」

P「え?」

雪歩「仕事のほうが大切なんですか……?」グスッ

P「うっ……」

雪歩「やっぱり、私なんて……」

P「い、いや……そういうわけじゃなくてな」

雪歩「……じゃあ、いいんですね?」

P「え、えぇ~……」

雪歩「お弟子さんたちも総出で、お父さんが待ってますから」

P「」

雪歩「えへへ♪」

P「あ、あははは……」
───

──


28 : ◆PQxO3wwU7c 2015/02/21(土) 00:04:29.27 ID:J7biziQz0
P(その後、俺はかろうじて逃げ延びることができた)

P(あやうく萩原組に永久就職させられるところだったよ。ははは……)

P(……)

P(最近、街中で目つきの悪いお兄さんたちをよく見かけるけど……)

P(まあ、気にしない気にしない)

伊織「ねえ、プロデューサー」

P「ん? なんだ、伊織?」

伊織「この……『ときめきイオリアル』って知ってる?」

亜美「なになに? ゲーム?」

P「!?」
29 : ◆PQxO3wwU7c 2015/02/21(土) 00:05:02.87 ID:J7biziQz0
高木「水瀬君……コ●ミはダメだよ、765的に」

伊織「な、なんですって!?」

おわり


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑