如月千早「961プロにこちらから積極的に反撃をしていくべきじゃないかしら?」SS

公開日:  最終更新日:2015/11/20


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 22:58:58.08 ID:xkenHP0t0
765プロ

P「よしっ!お疲れ様!」

千早「お疲れ様でした」

やよい「おつかれさまでしたっー!」

P「気を付けて帰れよー!」
2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:02:57.53 ID:xkenHP0t0
やよい「あっ、千早さん!」

千早「どうしたの高槻さん?」

やよい「今日うちでもやし祭りをやるんですけど、千早さんもどうですかー?」

千早「私なんかがお邪魔しちゃっていいのかしら?」

やよい「もちろんです!」
4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:10:09.56 ID:xkenHP0t0
高槻家

「「いっただきまーす!」」

かすみ「おいしい~!」

長介「千早さん、早く食べないとなくなっちゃうよ!」

浩太郎「うん!」

浩司「うんうん!」

千早「え、ええ…」

5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:11:56.89 ID:xkenHP0t0
黒井「皆の言うとおりだな。そんな事では王者にはなれんぞ三流アイドル」

浩太郎「うん!」

浩司「うんうん!」

6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:17:21.40 ID:xkenHP0t0
千早「あの…なんで961プロの社長がここに?」

やよい「たまに材料を持ってきて貰ってるんですよー!」

黒井「ウィ。そして私はそれをご馳走になっているのだよ」

黒井「まぁ、今から高級品ばかりでは教育に良くないのでそんなに良い物では無いがな」

かすみ「十分おいしいですよー!」

長介「うめー!」
7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:20:26.14 ID:xkenHP0t0
やよい「千早さんも早く食べましょーう!」

千早「え、ええ…そうね」パクッ

千早「お、美味しいっ!」

黒井「ふふんっ、そうであろう!」

やよい「いっぱい食べてくださいねー!」
10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:26:57.90 ID:xkenHP0t0
黒井「今日はアイスもあるぞ」

「「やったー!」」

千早「私…アイスが好物なんです」

黒井「だが食べ過ぎるなよ」

───
──

11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:30:47.97 ID:xkenHP0t0
黒井「では今日もご馳走になったな」

やよい「こちらこそありがとうございますっ!」ガルーン

千早「では私もこれで」

かすみ「千早さん泊まっていくんじゃないの?」

千早「えっと」

やよい「私も出来れば泊まっていって欲しいかなーって」

12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:34:38.57 ID:xkenHP0t0
浩司「じーっ」

黒井「泊まっていってやったらどうだ?」

千早「そうですね…じゃあみんなよろしくね!」

浩太郎「わーい!」

黒井「では夜更かしするんではないぞ!アデュー!」

「「ばいばーい!」」

13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:37:21.15 ID:xkenHP0t0
─────
───

都内某所 ○Kストア

黒井「今日はセレブに揚げ豆腐にするとしよう」

黒井「む、あれは?」

14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:42:38.58 ID:xkenHP0t0
千早「あっ、黒井社長。この前はご馳走様でした」

黒井「ウィ。如月千早、買い物か?」

千早「ええ。私もちゃんと自炊しようと思いまして」

千早「昔は栄養バランスに気を使って料理も出来た気がするんですけど」

千早「なぜか最近はめっきり出来なくなってしまって…」

黒井「そ、そうか…」

17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/26(木) 00:07:45.28 ID:XfEavCxt0
千早「まぁ、取りあえずまた始めてみようかと」

黒井「なるほどな」

千早「黒井社長も自炊ですか?」

黒井「ウィ。毎日ではないがセレブの嗜みだ」

18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/26(木) 00:10:36.91 ID:XfEavCxt0
千早「なるほど」

黒井「料理は誰かに教えてもらうのか?」

千早「はい。あずささんに」

黒井「ほう、あずさちゃんか」

19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/26(木) 00:13:52.60 ID:XfEavCxt0
千早「ええ、あずささんはかなり料理が上手なんです」

千早「実は昔あずささんと一緒に暮らしてた事もあったので」

黒井「そうか。では頑張りたまえ」

千早「はい!出来たら高槻さん達や黒井社長にも持っていきますね」

黒井「ウィ。楽しみにしているよ」

20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/26(木) 00:21:04.97 ID:XfEavCxt0
─────
───

961プロ

三条馬「社長、お電話です」

黒井「誰からだね?」

三条馬「えっと、765プロの如月千早さんです」

黒井「そうか。繋いでくれ」
21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/26(木) 00:22:54.48 ID:XfEavCxt0
黒井「ウィ。私だ」

千早『あ、こんにちは。如月千早です』

黒井「どうしたのかね?」

千早『えっと最近料理にハマってしまいまして』

黒井「いい事だな」
22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/26(木) 00:25:14.98 ID:XfEavCxt0
千早『それでカレーをスパイスから作ってみたくて…』

黒井「ほう。ならばうってつけの奴がいるぞ」


千早『本当ですか!?』

黒井「ウィ。場所も確保しておこう」

千早『ありがとうございます!』

23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/26(木) 00:29:54.34 ID:XfEavCxt0
都内某所 調理学校

千早「わざわざ用意していただいてありがとうございます」

黒井「なに、気にするな。知り合いの所だからな」

黒井「では講師も呼んである。入ってきたまえ」

???「お前が今日の生徒か」
25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/26(木) 00:34:26.99 ID:XfEavCxt0
千早「あなたは…!天ケ瀬冬馬!」

冬馬「天ケ瀬冬馬だ!って合ってるじゃねーか…」

黒井「コイツも趣味が料理だからな」

冬馬「ふっ、だがカレー作りは奥が深いぜ!しっかり着いてこいよ!」

千早「はいっ!」

27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/26(木) 00:44:34.71 ID:XfEavCxt0
冬馬「取りあえず基礎からだな。スパイスの種類は少なめでチキンカレーを作るぜ!」

千早「おおっ!」

冬馬「まずはターメリックとチリパウダーだな。これが無きゃ始まらない」

冬馬「あとはクミン、カルダモン、コリアンダー辺りだな」

千早「ふむふむ」

28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/26(木) 00:51:41.80 ID:XfEavCxt0
冬馬「ニッキとかナツメグが欲しい時はオールスパイスで代用だぜ!」

冬馬「それに玉ねぎ、にんにく、生姜、トマト」

冬馬「後はメインのチキンだな!」

千早「意外と少ないのね」

冬馬「これは基本だからな!まずはこれが出来なければ話にならねぇぜ!」
29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/26(木) 01:00:14.70 ID:XfEavCxt0
──

冬馬「完成だぜ!」

黒井「おつかれーて所だな!カレーだけにな!」

千早「ぷっ!」

冬馬「笑えないぜ…ってオイ!?」

黒井「さすがは千早ちゃんだな。このセレブなジョークが通じるとは」

千早「おつかれー…ぷっくくっ…!」

30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/26(木) 01:02:18.33 ID:XfEavCxt0
冬馬「気を取り直して試食しようぜ」

千早「そ、そうね…」

黒井「ではいただくとしよう」

31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/26(木) 01:04:05.15 ID:XfEavCxt0
「「いただきます!」」

千早「おいしい!」

黒井「うむ」

冬馬「当然だぜ!隠し味のヨーグルトも効いてるな」

32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/26(木) 01:09:53.48 ID:XfEavCxt0
黒井「そういえば昔に白金屋というデパートがあってな」

黒井「そこにインド屋というカレー屋があったのだが」

冬馬「へぇ」

黒井「店主がカレー将軍と呼ばれていてな」

千早「凄いですね」

34 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/26(木) 01:12:24.22 ID:XfEavCxt0
黒井「主力にブラックカレーというのがあったのだよ」

千早「ブラックカレーですか…」

黒井「ウィ。素晴らしい名前の通り見事な黒いカレーだったのだが…」

冬馬「どうなったんだ?」

35 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/26(木) 01:17:02.85 ID:XfEavCxt0
黒井「スパイスが混ざりすぎて良くない成分も入っていたらしくてな…」

黒井「店主も救急車で運ばれて発売中止になってしまったらしい」

冬馬「こんな時に話すんじゃねえよ!」

黒井「そうだな…お前は大丈夫だろうな?」

冬馬「当たり前だ!」

千早「少し不安になってきたわ…」

冬馬「おい!」

36 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/26(木) 01:22:19.17 ID:XfEavCxt0
──

冬馬「まぁ、今日は基礎だからな!これからは自分で試行錯誤してみるといいぜ!」

千早「わかったわ」

冬馬「カレーは奥が深いからな!アイドルと一緒だ!日々精進、だぜ!」

千早「そうね!」

黒井「では本日は解散するとしよう」

千早「ありがとうございました!」

─────
───

37 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/26(木) 01:29:13.69 ID:XfEavCxt0
765プロ

パーン パーン

「「誕生日おめでとう!」」

千早「みんな…ありがとう!」

あずさ「最近は料理も上達して、すっかり女性らしくなったわね~!」

千早「あずささんのおかげです!」

やよい「千早さんのカレー、家族の皆も喜んでましたーっ!」

千早「嬉しいわ高槻さん!」

春香「え~!私食べてないよ千早ちゃん!」

千早「そのうちね」フフッ

38 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/26(木) 01:36:08.10 ID:XfEavCxt0
小鳥「あら電報が来てるわね」

P「えっと…、黒井社長からだって!?」

伊織「あら千早宛?私が渡しといてあげるわよ。にひひっ♪」

P「伊織!なんだよぉ…気になるなぁ~!」

小鳥「ふふふっ」
おわり
39 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/26(木) 01:37:59.74 ID:XfEavCxt0
お目汚し失礼しました

黒井「ウィ」やよい「うっうー!」
黒井「王者になる為には孤独でなければならない」
黒井「ウィ」貴音「面妖な」
黒井「oui」伊織「de変態」
黒井「ウィ」あずさ「あらあら~」

43 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/26(木) 01:53:56.25 ID:tqK4EpVAO

もはや妨害工作ですらなくなってしまった
最初からそうだが


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑