四条貴音「なんと!今日で世界からラーメンが消えるのですか?食い納めですね」SS

公開日:  最終更新日:2015/09/16


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/20(金) 22:52:57.11 ID:mVSgUIpG0
P「最近、765プロのアイドルの人気が下がってる気がする」

P「だから安価でアイドルの悩みを解決して、アイドルの人気を復活させよう!」

P「最初のアイドルは>>2で>>4という悩みを抱えているのか」
2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/20(金) 22:53:13.96 ID:LLljKddno
貴音
4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/20(金) 22:55:35.91 ID:BAcYghIiO
Pではない誰かの子供を妊娠した
8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/20(金) 23:00:55.56 ID:LynsRIkIo
なんか重くなった
9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/20(金) 23:03:24.60 ID:mVSgUIpG0

貴音「あなた様、すこし話があるのですが」

P「どうしたんだ、貴音。そんなにあらたまって」

貴音「驚かないで聞いてほしいのです。実はわたくし・・・」

P「・・・」ゴクリッ
貴音「あなた様以外の子を身ごもったのです」

P「な、なんだってー!?」

10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/20(金) 23:09:16.37 ID:mVSgUIpG0
貴音「真に申し訳ありません」

P「貴音、嘘だろ?嘘だと言ってくれ!」

貴音「あなた様・・・」

P「一体だれなんだ、貴音を孕ませたのは!」

貴音「あなた様、落ち着いてください!」

P「おれは絶対にそいつを許さないぞ!」

貴音「そ、それは・・・」

P「・・・」

貴音「>>10です。わたくしのお腹にいるのは>>10の子なのです。」
12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/20(金) 23:09:55.08 ID:mVSgUIpG0
ミス>>13で
13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/20(金) 23:10:51.42 ID:DsLkdLngO
くろい
14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/20(金) 23:21:39.63 ID:mVSgUIpG0
貴音「わたくしのお腹にいるのは黒井社長の子なのです」

P「・・・ッ!!」

P「貴音・・・、黒井とはもう関係を断ったはずじゃなかったのか」

貴音「申し訳ありません」

P「どうしてだ!どうして黒井なんかと・・・」

貴音「実は>>15という理由がありまして・・・」
15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/20(金) 23:22:53.23 ID:Xhc9KGdBo
神借金
17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/20(金) 23:30:58.69 ID:mVSgUIpG0

P「どうしてだ・・・どうしてなんだ・・・」ポロポロ

貴音「あなた・・・さま?」

P「おれに一言言ってくれれば、お金のことなんてどうにでも出来たのに・・・」

貴音「あなた様・・・ただの借金ではないのです。神借金なのです」

P「神・・・借金・・・?何なんだそれは。普通の借金と何が違うっていうんだ!!貴音を孕ませないと返せないとでも言うのか!!」

貴音「わたくしは>>18を返さないといけないのです」

P「なんだって!そんなの返せるわけないじゃないか・・・」
18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/20(金) 23:32:22.17 ID:bzOZkwrAO
一億円
20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/20(金) 23:40:37.48 ID:mVSgUIpG0
貴音「わたくしは1億円返さないといけないのです」

P「なんだって!そんなの返せるわけないじゃないか・・・」

貴音「はい。ですから黒井社長の条件を受け入れました」

P「なんてことだ・・・」

貴音「黒井社長であれば1億円も簡単に用意できますから」

P「貴音、スマン・・・。俺がふがいないばっかりにこんな目にあわせちまって・・・」

貴音「いいえ、あなた様のせいではありません。すべて私が悪いのです」

P「しかし、貴音。一体どうしてそんな莫大な借金を背負うことになったんだ?」

貴音「それは>>21が原因です。>>21のせいで私はこんなことになってしまったのです」
21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/20(金) 23:43:01.78 ID:BAcYghIiO
父親のギャンブル
22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/20(金) 23:47:19.19 ID:mVSgUIpG0

貴音「父親がギャンブル好きで、こんなにもの借金を背負ってしまったのです」

P「まさか貴音の父親がギャンブル狂いとはな・・・」

貴音「本当に情けない話です」

P「しかしこういう場合はあのアイドルにアドバイスをもらうのが適切だろうな」

貴音「あのアイドル?」

P「そう、あのアイドルだ」

>>22「うっうー♪呼びましたか?」
23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/20(金) 23:55:00.10 ID:mVSgUIpG0
ミス>>24
24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/20(金) 23:56:47.33 ID:DsLkdLngO
AV(アダルトビデオ)女優となった律子
27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/21(土) 00:11:28.39 ID:0vOEHDh60
律子「うっうー♪呼びましたか?」

P「えっ・・・?」

律子「プロデューサー殿、何驚いているんですか?わたしですよ!り・つ・こ」

P「律子・・・・どうしてここにいるんだ?」
28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/21(土) 00:13:17.28 ID:0vOEHDh60

律子「どうしてって。ここは私の仕事場ですよ。それに今の貴音ちゃんにアドバイスできるのは私ぐらいしかいないんじゃないでしょうか」


P「何をバカなことを。急に765プロをやめたと思ったらAV女優に転身だなんて、お前みたいな奴に貴音を任せられるわけないだろ!」

律子「そうでしょうか。地に堕ちた者のことは、同じ立場の人間にしか分からないんじゃないんですか」

P「うるさい!お前の話はもう聞きたくない。『>>29』なんてタイトルのAVに出演したお前に話すことなんて何も無い!」

律子「プロデューサーも見てくれたんですよね?私が出演した『>>29』。これ本当に私の自慢作なんですからね!」
29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/21(土) 00:17:17.12 ID:ixbrOjRQo
エビフライが何本入るかな?
30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/21(土) 00:31:51.80 ID:0vOEHDh60
P「うるさい!お前の話はもう聞きたくない。『エビフライが何本入るかな?』なんてタイトルのAVに出演したお前に話すことなんて何も無い!」

律子「プロデューサーも見てくれたんですよね?私の自信作なんですからね!」

P「ふざけるな。お前のAVなんてゴミみたいなものだ」

律子「で、どうなんですか、本当は?私のAVを見て興奮したんじゃないんですか?どうなんですか?」

P「>>32」
32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/21(土) 00:33:08.76 ID:S6Z+f0hB0
メガネ外せ
34 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/21(土) 00:37:29.49 ID:0vOEHDh60
P「メガネ外せ」

律子「え?」

P「いいから、そのメガネを外すんだ」バッ

律子「」

35 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/21(土) 00:46:16.72 ID:0vOEHDh60
律子「ちょ、ちょっとプロデューサー殿!」

P「どうだ、律子何が見える?」

律子「何が見えるってなにも見えないじゃないですか」

P「そうだ。お前は何も見えていない。それはメガネをかけても一緒だ!」

律子「な、何が言いたいんですか!?」

P「いいか、律子。よく聞くんだ。お前がAV女優になった理由は聞かない。そんなことはどうでもいい」

律子「・・・」

P「だけど、ここには、765プロにはお前を信頼している仲間がいる。お前が必要だと言ってくれる仲間がいるんだ!!」

P「そいつらのことがお前は見えていない。いや、目を背けている」
37 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/21(土) 00:58:21.69 ID:0vOEHDh60

P「お前には、お前の帰りを待ってくれいている仲間たちがいるんだ」

P「春香、千早、響、伊織、雪歩、美希、亜美、真美、真、やよい、貴音、あずささん、小鳥さん、社長、そして俺」

P「みんなお前がいなくなってからも、いつでもお前が帰ってきていいように、お前の席をそのままにしておいたんだ」

P「あの日、お前がいなくなったときのままにな・・・」

律子「プロデューサー・・・みんな・・・」

38 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/21(土) 01:00:20.03 ID:0vOEHDh60
P「お前はいつでもこの場所に戻れるし、俺も含めてここのアイドルはみんなお前のことを受け止める用意がある」

律子「・・・」

P「お前はそのことをしっかり受け止めるべきなんじゃないのか」

律子「うっ・・・うっ・・・」グスッ

39 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/21(土) 01:01:25.27 ID:0vOEHDh60
P「お前はいつでもやり直せるんだ。だから俺たち765プロのみんなから目を逸らさないでくれ」

律子「プロデューサー、私、もどっていいんですか?765プロに」

P「もちろんだ。いつでも歓迎する」

律子「プロデューサー、私・・・」

P「・・・」

律子「>>41」
40 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/21(土) 01:04:04.41 ID:EKoxM5fNo
もう一度765プロでやり直したいです
41 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/21(土) 01:04:28.73 ID:8pW3jG1eO

42 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/21(土) 01:08:02.10 ID:0vOEHDh60
律子「もう一度765プロでやり直したいです」

P「・・・」

律子「・・・ダメ、ですか?」

P「よく言ってっくれたな律子。では俺が765プロに復帰してから最初の仕事を与える」

律子「なんですか?仕事って」

P「どうか貴音助けてやってっくれ。律子は貴音をどうしたらいいと思う」

律子「そうですね。>>44すればいいと思います」
43 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/21(土) 01:08:44.06 ID:FLhxi/Gfo
黒井をぶっ飛ばす
44 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/21(土) 01:10:26.05 ID:jw2h0syW0
AV出演
45 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/21(土) 01:16:22.06 ID:YE9/P8Qvo
やっぱり何も見えてねぇなこの律子
46 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/21(土) 01:29:25.81 ID:0vOEHDh60

律子「そうですね。AV女優になればいいと思います」

P「・・・ふむ。それじゃあジャンルは妊婦モノできまりだな」

律子「元アイドルのAVですから、マニアが涎を垂らして喜びますよ」

P「どうせなら『処女懐胎』って設定もつけたら売れそうだな」

律子「そうですよ。1億円ぐらいすぐに稼げちゃいますね」

P「・・・」

律子「・・・」

P「・・・」

律子「・・・?」

P「・・・ってバカ――――――――!!」

律子は765プロをクビになった。

おわり
47 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/21(土) 01:30:04.73 ID:0vOEHDh60
安価全体的に重すぎ

寝る


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑