高槻やよい「冗談でプロデューサーにイタズラされたと言ったら、765プロ解雇されちゃいましたあ」SS

公開日: 


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/25(土) 08:14:56.68 ID:KLcVxt/b0
一同「えっ…」

やよい「ぷ、プロデューサー?」

P「やよいを殺す」

伊織「……あんた、冗談でも言っていいことと悪いことってあるんじゃない?」
3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/25(土) 08:20:17.31 ID:KLcVxt/b0
春香「ちょっ…プロデューサーさん…?」

P「やよいを殺す」

やよい「…………」

響「や、やめろよプロデューサー!なに言ってるんだ!」

真「お、怒ってるんですか?やよい、プロデューサーになにかした?」

やよい「えっ…えと、わ、私……わかりません…」

千早「なにか理由があるにせよ…そんな言葉を軽々と口にするものではありませんよプロデューサー」
4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/25(土) 08:30:12.18 ID:KLcVxt/b0
P「殺す」

雪歩「…………」ビクビク

亜美「兄ちゃん……なんか怖いよ…」

真美「そんなこと言うのやめてよ……」

律子「……プロデューサー?いったん落ち着きましょう?話は私が聞きますから」

P「やよいを殺す」

あずさ「プロデューサーさん。そんなこと言うのはいけませんよ」
5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/25(土) 08:33:55.70 ID:KLcVxt/b0
P「…………殺す」

貴音「……どうやら本気のようです」

春香「えっ…そ、そんな…冗談ですよねっ!?プロデューサーさん!?」

やよい「プロデューサー……なにか私…プロデューサーの嫌がることしましたか……?わ、私…直します!だから……そんなこと言うの……やめてください……」

P「やよいを殺す」

やよい「!!」

伊織「やよい!離れてなさい!今私がこいつのことぶん殴ってやるから!」

P「10…」

律子「!?」
6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/25(土) 08:38:42.07 ID:KLcVxt/b0
P「……9」

響「えっ!?な、なに!?どういうことだ!?」

律子「…………」

P「……8」

律子「っ……や、やよい!逃げなさい!」

やよい「えっ……」

貴音「響!やよいを連れてここから離れるのです!」

響「え、う、うん!やよい、いこう!」

やよい「あうっ……ひ、響さん……!」

P「……7」

千早「水瀬さんもお願い。今は高槻さんをどこか遠くへ……!」

伊織「……わかったわよ!響、待ちなさい!今タクシー呼ぶから!」
7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/25(土) 08:42:39.19 ID:KLcVxt/b0
春香「え!?えぇっ!?どういうこと!?」

P「……6」

真「…プロデューサー、なにかしようとしたらボクが止めますよ……!」

P「……5」

あずさ「…………」

美希「……あふぅ」

P「……4」

春香「え、えーと……とにかく邪魔になりそうなんで美希は運びますね?雪歩、手伝って」

雪歩「ご、ごめん春香ちゃん……足が動かなくてぇ……」

P「……3」
9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/25(土) 08:46:10.56 ID:KLcVxt/b0
P「……2」

律子「ま、真と貴音は下がりなさい。いざというときは私が」

真「なに言ってんのさ。律子こそ下がってなよ」

貴音「腰が引けていては満足に動けませんよ」

律子「う……あんた達はどうして平気なのよ……」

P「……1」

春香「美希ー!おーきーてー!」グーイグーイ

美希「むにゃむにゃ……にゃんなのぉ……いったい……?」
10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/25(土) 08:51:28.29 ID:KLcVxt/b0
P「…………」

真「……」

貴音「……」

千早「……」

あずさ「……」

春香「あわわ…」

律子「……っ」

美希「あふぅ」

雪歩(おしっこ漏れちゃう……)

亜美「真美、はるるんの後ろに隠れたんだけどこれバレない?」

真美「バレないバレない。真美もゆきぴょんの後ろだけどバレない?」

亜美「ばっちしっしょ」

P「…………0……」
14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/25(土) 09:31:57.50 ID:KLcVxt/b0
P「」スッ

貴音「動かないでください!」

P「……殺す」

貴音「……!仕方ありません!少しばかり眠ってください!」シュバッ

律子「!!あれは!目にも止まらぬ手刀!!音よりも早く空を斬り、プロデューサーの首元へと放った!!」

貴音「……えっ……?」

P「…………」

貴音(何故……背後に……!?)

律子「なんと!!捉えたかと思ったら残像!!目にも止まらぬ瞬間移動!!貴音の背後を捉えた!!」

真「甘いッ!!」バッ

律子「あーっ!!見切っていた!!プロデューサーの動きを!!目にも止まらぬ速さでプロデューサーへと正拳突きを放った!!」

真「ダーン!!」

P「」スッ

律子「なんということでしょう!!目にも止まらぬ速さでまるで風を斬るように受け流す!!真の拳を見切った!!目にも止まらない!!」
15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/25(土) 09:38:09.14 ID:KLcVxt/b0
貴音「くっ……!?」

P「貴音…瞬発力はなかなかだ……だがな…背中ががら空きだ」

ズブチッ

貴音「はふんっ……!!」

律子「おーっと!!目にも止まらぬ速さでなんらかの攻撃を!!大丈夫貴音ー!!」

亜美「はふん」

真美「はふんてゆった」

雪歩「今の誰か録音してない?」

真「ぐっ……しまった、貴音!!」

貴音「っ……っ!…そ、そこは……っ!そこを突いては……っ!!」

真「どこ!?どこなの貴音!?どこを突かれたって言うの貴音!?」

P「殺す……やよいを……殺す」

春香「ひゃわんっ!?こ、こっちきたぁ!?」
16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/25(土) 09:45:43.71 ID:KLcVxt/b0
あずさ「任せて春香ちゃん!」

春香「!!あずささん!!」

あずさ「春香ちゃん……安心して。春香ちゃんも……やよいちゃんもみんな!私が命に変えても守ってみせる……!」

春香「あずささん!!」

あずさ「ふふ…そんな顔しないで。私のことは大丈夫……必ず生きて帰るから」

春香「あ、あずささんっ!!」

あずさ「ええ……みなまで言わなくてもわかってる……私だって今までただのほほんとしてきたわけじゃない!この時のために…力をつけてきた!」

春香「あずささーんっ!!」

あずさ「あなた達の存在こそが私の力に…勇気へと変わる!私は逃げないわ!持てる力すべてを出し切って……あなた達を守る!」

春香「あずさァ!!」

P「やよい殺す」シュッ

あずさ「うっ」

律子「目にも止まらぬ手刀!!音を置き去りして空を斬ってあずささんの首元を捉えて目にも止まらない!!」
18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/25(土) 09:54:46.56 ID:KLcVxt/b0
真「くぅ…なんてことだ!あずささん!!あずささーん!!」

P「やよいを殺す。やよいを殺す」

春香「ひやふんっ!?こ、こっちきたぁ!?」

春香「美希ガード!!」ブンッ

美希「なーーーノッ!?」ビターン

P「っ」

律子「目にも止まらぬ美希投げ!!」

美希「いででで……あふぅ……なんなのー?」

P「…………」

美希「ふえぇっ!?ハニー!?み、ミキを抱きしめてどうしようっての!?今からミキをなでなでしてお姫様抱っこして車の助手席まで連れてってちょっくら走らせて綺麗なお城みたいなところに入室して一泊してどうしようってゆーの!!??」

P「やよい殺す」スッ

美希「えっ……?」

律子「目にも止まらぬ速さで美希の耳元に口を寄せた!!」

P「やよい殺す」ゴニョゴニョ

美希「ふ!?ふにゃぁぁぁぁぁぁぁ~……っ///」

律子「そして目にも止まらぬ速さでなにかを呟いたー!!」

春香「えっ!?なに言われたの!?気になる気になる!」
19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/25(土) 10:05:47.01 ID:KLcVxt/b0
美希「」ビクンビクン

亜美「びくんびくん」

真美「びくんびくんゆってゆ」

雪歩「誰かカメラ持ってない?」

真「美希ィー!!くっそー!!ボクとしたことがー!!」

P「……やよい殺す」スッ

春香「ぷ、プロデューサーさん……!?まさか私にまで……!?」ガクガク

春香「くぅ……!!仕方ないわ!!プロデューサーさんが私になにかを囁きたいと言うのなら仕方がない!!今度は私が犠牲になる!!私が犠牲になってプロデューサーさんに囁かれるしかない!!」

千早「いえ待って春香!あなたを危険な目には合わせない……!プロデューサー!春香にまで手を出したら……本当に許しません!!」

P「…………」

春香「いや!!千早ちゃん!!ここは私が犠牲になるよ!!私だってこんなところで終わりたくはないけど!!でも!!私が犠牲になるよ!!」

千早「……春香…あなたは優しいわね……あなたはいつだってそう……自分の身を挺して仲間を守ってくれる……!」

千早(春香……私は…そんなあなたが…憧れでもあり……歯痒くもあった……!)

千早(でも、今度こそ……助けられるばかりの私じゃない……)

千早「もう…あなたの後ろにはいたくない。今度は私が…春香を守る番。春香の前へ立つ番!!」

春香「いや!!千早ちゃん!!私が!!わた!!」

P「やよい殺す」ゴニョゴニョ

千早「ひやぁぁぁぁぁぁんっっ……!?///」ビクビクッ

律子「目にも止まらない!!目にも!!」
20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/25(土) 10:13:25.50 ID:KLcVxt/b0
千早「」ビクンビクン

亜美「びくんびくん」

真美「びくんびくんゆってゆ」

雪歩「誰かカメラ……あっ。漏れちゃう漏れちゃう」

真「千早ァー!!くそぉ!!くっそぉー!!ボクが不甲斐ないばっかりにー!!」

春香「千早ちゃん……きっ!ヒドいですよプロデューサーさん!」

P「やよい殺す」

春香「こうなったら…こうなったら!!今度は私が!!わた私が犠牲になって囁かれる!!私がプロデューサーさんを止めて囁かれる!!」


春香「うぉぉぉぉぉー!!」ダッ

亜美「アーッ!!亜美の壁がー!!」

P「」スッ

春香「はれっ?」

律子「目にも止まらぬ避けた!!」

春香「ぐあああああ!!」ドンガラー

P「やよい殺す」

亜美「ふぇっ!?」

P「やよい殺すぅ」ゴニョゴニョ

亜美「にゃーーーーーーっ!?///」ビクックビクン

真美「あ、あ、亜美ーーー!!」
21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/25(土) 10:19:49.98 ID:KLcVxt/b0
亜美「」ピクククッ

真美「亜美ィ!気をたしかに持てい!!」ユッサユッサ

雪歩「あっあっ。真美ちゃん。そんなにゆらしちゃ……あっ…あっ」

真「亜美……亜美!!ぐっ……ボクの……ボクのせいだっ……!!うっうっ……!!」

P「やよい殺す」スッ

律子「あー!目にも止まらぬ事務所を出ようとしてるわ!!風を斬って!!」

真美「くっ!止めなくちゃいけないのに!真美はここから一歩も動けんのだよ!すまないやよいっち!」ユッサユッサ

雪歩「私も止めなくちゃいけないのに…あっ…あーっ。止まらない…あっ…あーっ…あっ…」
23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/25(土) 10:27:52.49 ID:KLcVxt/b0
事務所前

響「はいさーい!タクシー!」

伊織「違うわよ!そんなんじゃ止まってくれないわ!」

響「えぇ…そんなことないだろ…」

伊織「見てなさいっ!ゴホン……んんっ…」

伊織「ハァイ!!テェアクスゥィー!!ケェアムォォーン!!」

響「止まらないぞ」

伊織「ヌワァンデヨゥ!!」

響「自分にやらせてみな。はいさーい!タクシー!」

伊織「違うわよ馬鹿ね!んんっ……ん、ごっふぉん……あーあー……んんっ!」

伊織「エェーブリバデェー!!クェアーモォーンヌッ!!テェァアークスゥィーンヌィーン!!」

響「全然止まらないぞ!」

伊織「おっかしいわねぇ……」

やよい「…………」

響「大丈夫かやよい……?」

伊織「心配するんじゃないわやよい!私たちが絶対に助けてあげるんだから!大船に乗った気でいなさいっ!」

やよい「えぇ…………?」

伊織「ゥワァーオッゥウッワァアーオッ!!アイァンムナァーイスバデェー!!パンティーラパンツィーラッ!!」
24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/25(土) 10:33:51.13 ID:KLcVxt/b0
「やよい殺す」

響「ゲェ!!プロデューサーの声だぞ!」

やよい「っ!!」ビクッ

伊織「っち……もう追いついてきたの……?早過ぎる……!」

響「伊織!もうタクシーを捕まえる時間はないぞ!てかそんなゲボ吐きそうなやり方で捕まるわけ無いぞ!!」

伊織「なによ!じゃあどうするっての!?」

響「チャリでいくぞ!」

伊織「ゥワァーオッ!!こんなところにチャリが!!」

響「やよい、チャリで逃げるぞ!」

やよい「は、はい!」

「やよい殺す」

伊織「急ぐわよ!チャリで!」

響「ああ!チャリで!」
26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/25(土) 10:41:32.08 ID:KLcVxt/b0
響「うぉぉぉぉぉー!!」ドギュンッ

伊織「そういえば私はチャリ乗ったこと無かったわ」

やよい「私も補助輪無しはちょっと……」

P「やよい殺す」

伊織「き、きたっ!?」

やよい「ひぅっ……」ガタガタ

P「やよい殺す」

伊織「に、逃げなさいやよい!!ここは私がなんとかするから!!」

やよい「伊織ちゃんっ……!?」

伊織「さぁきなさい!!私には取っておきの秘策があるんだから!!」

ヒャオォォ

伊織「ッォオーウフッ!!イズィワルナカズェ

ガシッ

伊織「」プラーン

やよい「あぁっ!伊織ちゃんがデコを掴まれて宙ぶらりんに!!」

P「やよい」ブンブンブンブン

P「殺す」ポーイ

ピューン

やよい「伊織ちゃーん!いずこへー!!」
ピューン

バシャーン

伊織「はっ!ここは!?」

みかん屋「ここは和歌山のみかん屋さんだよ」

伊織「和歌山のみかんはおいしいものねぇ」
28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/25(土) 10:46:19.39 ID:KLcVxt/b0
やよい「あぁ……あぁぁぁぁぁ……っ」ビクビク

P「やよい……やよいを……」

P「殺す……」

やよい「っ!!や、やめて……やめてぇ……!」ビクビク

P「覚悟しろ……」

やよい「ころさないでください……まだちいさいおとうとたちがいるんですぅ……っ」

P「殺す……」

やよい「ひぃっ…!?」

「待ちなさい!!!!」
29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/25(土) 10:50:03.51 ID:KLcVxt/b0
小鳥「」ビクンビクン

P「やよいを殺す…」

やよい「うぅぅぅぅっ……!こ、こうなったら……!」

やよい「やられゆまえにやってやゆー!!」ダッ

P「っ!」

やよい「」ギュー

やよい「」ヨジヨジ

やよい「あんぐっ」

やよい「もちゅもちゅーっ」

P「…………」

P「」グッ

やよい「」プラーン

P「……終わりだ」

やよい「ひぅっ……」

P「やよい……お前を……殺す!!」
30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/25(土) 10:56:45.04 ID:KLcVxt/b0
ギニャー!!

春香「はっ!」

貴音「この声は!」

あずさ「やよいちゃん!」

亜美「やよいっちが大変だ!」

真「ボクのせいだ!!ボクの修行不足のせいでやよいが!!」

ウニャー!!

真美「早くやよいっちの元へ!」

律子「目にも止まらぬ急ぐわよ!!」

雪歩「ついでにパンツを買ってきてほしいですぅ」

美希「黒でいい?」

ビエー!!

雪歩「私美希ちゃんと違って清純派だから白に決まってるよ」

美希「は?雪歩は心もパンツも真っ黒けなの」

モエー!!

雪歩「白だって言ってるじゃない。ほら」ピラッ

美希「金色なの」

ポメー!!
31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/25(土) 11:04:27.71 ID:KLcVxt/b0
ダダダダダ

春香「やよい!!」

千早「!?」

あずさ「こ、これは……!!」

貴音「なんとまぁ!!」

P「やよいは可愛い!可愛いなぁ!」

やよい「めそー!!や、やめてくださいプロデューサー!///」

P「やよいはこのツインテが可愛い!可愛すぎる!モフモフしたい!カリカリモフモフきゅんきゅい!」

やよい「びたみんー!!そ、そんなに褒められちゃ…恥ずかしいっ……///」

P「その舌っ足らずなところも可愛い!持って帰って洗濯機の中でぐるぐるしたい!」

やよい「キンバー!!いい加減にしてくださーいっ!うっうー///」

あずさ「なんだ。殺すは殺すでも褒め殺しのほうだったのね」

真美「正直読めたオチだよね」

P「ちっこくてぽかぽかしそうなところがいい!抱きしめたい!湯たんぽの中に詰めたい!」

やよい「ショウガヤキー!!///」
32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/25(土) 11:14:35.32 ID:KLcVxt/b0
後日

P「この癒し系ー!一家に一台いることによって今日も我が家は安泰じゃー!」

やよい「ごめすー!!///」

律子「あら。疾風の如き伊織から青森のりんごが送られてきたわ」

あずさ「青森のりんごはおいしいですものねぇ」

雪歩「わぁ。鮮血のように真っ赤でおいしそうだね!」

美希「雪歩のパンツの色と同じなの!ドハデなの!」

真「やめるんだ!喧嘩は!ボクのせいかい!?そうかい!?くっそー!やっぱりボクのせいだー!!死ねばいいのかー!!」

亜美「はふんっ」

真美「はふんっ」

貴音「お止めになってください…あのときのことを思い出してしまいます…」ポッ

千早「わ、私も…未だにあの時のことを思い出すと……うぅ…」ビクッビクッ

春香「気になる!!わた私気になります!!」

小鳥「うふふ。今日も765プロは平和ねぇ」
33 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/25(土) 11:21:28.83 ID:KLcVxt/b0
P「その足の指がくるんてなってるのが可愛いんじゃー!しっかりと大地に立って今日も精一杯生きてるやよいが可愛いんじゃー!」

やよい「うっうー!!///」

P「はぁ…はぁ……」

春香「あ、終わりましたか?プロデューサーさん」

P「あぁ。思いつく限りの褒め言葉を徹夜で浴びせてやったぜ」

やよい「ふにゃ……///」ポテッ

美希「あらら。やよいもついにばたんきゅーなの」

千早「照れすぎて茹で蛸のようになってしまいましたね」

やよい「くぅ……くぅ……」

あずさ「…うふふ。可愛い寝顔ですね」

P「やよい、お前は俺たちにとって大事な大事な宝物だ…これからもその太陽のような笑顔で俺たちに元気を分けてくれよ」

やよい「…………」ニコッ

P「……よし!今日もアイドル活動がんばるぞー!」

一同「おーっ!」
35 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/25(土) 11:26:41.57 ID:KLcVxt/b0

小鳥「ふふ、みんなお仕事にいったみたいね」

小鳥「さて、私もお仕事お仕事!……っとその前にやよいちゃんに掛け布団でもかけてあげましょ」

やよい「…………」

小鳥「うふふふ…お人形さんみたい。監禁して着せ替えしたいわぁ」

小鳥「…………?」

やよい「」

小鳥「…………」

小鳥「…………ッ!」
小鳥「コイツ……死んでる……ッ!!」
終わり
38 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/25(土) 11:28:31.82 ID:KLcVxt/b0
サスペンスは初めて書きましたがやっぱり難しいですね
どうしても矛盾点が出てきてしまいます
精進致します
40 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/25(土) 11:32:08.99 ID:eAKFzVeFo
お、おう…
42 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/25(土) 12:02:47.05 ID:Cns7ebN2o
サス……?
43 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/25(土) 12:05:29.39 ID:/Kwo6lPQo
面白かったで


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑