水瀬伊織「ツンデレなんてバカバカしいもの興味ないわよ!時代はヤンデレよ!」SS

公開日: 


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/05(金) 22:44:23.89 ID:uJYHgHN70
貴音「伊織、一緒にらあめんを食べに行きましょう」

伊織「あらゴメンなさい、さっき食べてきちゃったわ」

貴音「そうですか・・・」
貴音「ではプロデューサーと 二 人 で行くとします」
2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/05(金) 22:45:15.71 ID:uJYHgHN70
伊織「なっ・・」

貴音「どうかしましたか?」

伊織「ま、まあお昼くらい二人で行くといいわよ」

貴音「ええ。プロデューサーは午後から休みなそうなので楽しんできますね」フフ

伊織「ええっ!?」

貴音「・・どうかしましたか?」

伊織「し、しょうがないから私もついて行ってあげるわ」

貴音「まことですか?では一緒に行きましょう」ニコニコ

伊織「あ、ちょ、ちょっと・・・」

P「あれ?伊織さっき飯食ったって言ってなかったっけ?」

伊織「貴音と一緒にご飯に行きたかっただけよ。か、勘違いしないでよね」

貴音「ふふふっ」ニコニコ

P「・・?」
3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/05(金) 22:46:24.15 ID:uJYHgHN70
別の日

美希「でこちゃ~ん・・美希寝るから膝枕して~」

伊織「でこちゃん言うな!なんで私が膝枕なんか・・!」

美希「ふ~ん。じゃあプロデューサーにしてもらおっかな~」ニヤ

伊織「はっ、はあ?」

美希「・・どうしたの?そんなに驚いちゃって」ニヤニヤ

伊織「アイツは仕事中でしょーが。なに変なこと言ってるのよ、もう・・・」

美希「でも今は休憩してるみたいだよ?」

美希「おーいプロデューサー!」

伊織「なっ何を・・」
4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/05(金) 22:47:10.31 ID:uJYHgHN70
P「おーどうした美希~」

伊織「ま、待ちなさい!」

伊織「こ、こんな奴にやらせるくらいなら私がしてあげるわ。膝枕・・・」

美希「ふ~ん」ニヤニヤ
美希「プロデューサー!でこちゃんが膝枕してくれるってー!」

伊織「は、はああああ!?!?!?/////」
5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/05(金) 22:48:01.26 ID:uJYHgHN70
伊織「なんで私がこんな奴なんかにっ・・・///」

P「呼ばれて来てみたらこんな奴扱いだなんて・・・」

美希「さっき膝枕してあげるって言ったの」

伊織「あ、あれはコイツにじゃないわよ!!」

P「・・・?」

伊織「なっ、何見てるのよこの変態っ!」ダッ

P「お、おう・・・」(いきなり怒ってどっか行ってしまった・・・)

美希「でこちゃんいじるの超楽しいの」

P「・・よくわからんがほどほどにな」
6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/05(金) 22:49:13.31 ID:uJYHgHN70
また別の日

P「やよいーいるかー?」(次の仕事の打ち合わせしたなーって)

P「・・・お、いるじゃないか」
7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/05(金) 22:49:50.95 ID:uJYHgHN70
やよい「伊織ちゃん、今日うちで一緒にご飯食べない?」

伊織「ええ。ぜひ行かせてもらうわ」

やよい「じゃあプロデューサーも誘うね」

伊織「なっ・・なんで?」

やよい「え?だって大勢いた方が楽しいし・・」

やよい「伊織ちゃんプロデューサーのこと大好きだし・・」

伊織「なあっ!?////」

P「やーよいー・・?」
8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/05(金) 22:51:33.22 ID:uJYHgHN70
やよい「あっプロデューサーおはようございますっ!」

伊織「なああああああ!?」

P「・・伊」

伊織「なっ、勘違いしないでよね!アンタなんか大好きなわけないでしょうが!!」

P「あの」

伊織「じ、じゃあ私収録行ってくるわ!」ダッ

P「行ってしまった・・・」

やよい「うー・・・」
9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/05(金) 22:52:25.67 ID:uJYHgHN70
またまた別の日

P「俺って伊織に嫌われてるんだろうか・・・」

貴音「・・・」

美希「・・・」

やよい「・・・」
10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/05(金) 22:53:45.58 ID:uJYHgHN70
貴音「あの、なぜそう思うのですか・・?」

P「だって俺にだけ口調が厳しいし・・・」

美希「美希にもいつもあんな感じなの」

P「好きなわけないでしょ!とか言われたし・・・」

やよい「あれは本心じゃないと思います・・・」

P「なんか最近話しかけてもすぐ逃げちゃうし・・・」

美希(何やってるの・・・)

P「まさか彼氏でもできたんじゃ」ガタッ

美希「それは無いの」

貴音「ありえません」

やよい「ないかなーって」

P「そ、そうか・・・」
11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/05(金) 22:54:31.55 ID:uJYHgHN70
貴音(プロデューサーは鈍いから伊織にはもっと素直になってもらいたいのですが・・)

やよい(私のせいかも・・)
律子「あ、いたいた!やよい、美希、貴音!仕事行くわよ~」


3人「はーい」

P「ちょ、ちょっと待ってくれ!大事な相談中で・・!」

律子「・・いいから仕事してください」
12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/05(金) 22:55:17.31 ID:uJYHgHN70
-二時間後-

P(ふぅ・・・やっと一段落着いた・・休憩しよ)

P「ん?なんだこの雑誌?真の忘れ物かな?」

P「なになにー?『素直になれない!ツンデレっ子特集!』・・・なんだこれ」

P「暇つぶしに読んだろ」ペラッ

P「・・・・・」ペラペラ
P「・・・もしかして伊織ってツンデレなんじゃ」

P「いやいやまてまて、こんな雑誌情報にはだまされないぞ!」

P「・・・」チラッ

~必見!ツンデレの子をデートに誘うには~

P「・・・」

P「ま、まぁ試してやらないこともないんだからねっ!」
13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/05(金) 23:05:07.24 ID:uJYHgHN70
伊織「はぁ・・・最近あいつとうまく話せないわ・・」

伊織「なんでもっと素直になれないのかしら・・・」ガチャッ

伊織「おはようございまーす」

小鳥「あらおはよう伊織ちゃん」

P「おはよう伊織!」

伊織「お、おはよう・・//」
14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/05(金) 23:14:16.95 ID:uJYHgHN70
P「なぁ伊織、ちょっとお願いがあるんだけど」

伊織「なっ、何よいきなり・・」

P「次のステージの下見手伝ってくれないか?」

伊織「えっ・・?」

P「遊園地の中にあるステージなんだけど、一人じゃ行きにくいしさ、ほら」

P「お願いだぁ~っ!伊織しか予定が合う人がいないんだ!人助けと思ってなんとか!!」ドゲザァ

小鳥(目の前で大の男が中学生に土下座している・・・ピヨォ)

伊織「な、や、やめなさいよこんなとこで土下座なんて・・!」

P「お願いだぁ~!!伊織がっ!YESと言うまでっ!土下座するのをやめないっ!!!」
15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/05(金) 23:14:47.44 ID:uJYHgHN70
伊織「わ、わかったわよ!しょ、しょうがないから一緒に行ってあげるわよ!!」

P「ほんとか!?」

伊織「まったくもう・・・//」
P(雑誌にあった『相手が優位であると感じさせる』ってのはこういうことなんだよな・・?)

P(しかしまだわからん・・単なる慈悲の心かも。土下座は一種の暴力だしな)

小鳥「ええ。あのとき伊織ちゃんは国士13面待ちが完成したような笑顔だったわ。私じゃなきゃ見逃しちゃいますね」
16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/05(金) 23:15:33.15 ID:uJYHgHN70
~遊園地~

伊織「今日はアンタの驕りだから遊びつくしてあげるわ。にひひっ」

P「ああ。楽しもうな」(なんか機嫌よさそうだな)

伊織「~♪」
——————
17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/05(金) 23:16:08.52 ID:uJYHgHN70
P「~ということがあってだな」

美希「・・で?」

P「?・・それだけだけど」

貴音「あの・・そのあとはどうなったのですか?」

P「ふつうに帰ったけど」

やよい「何かなかったんですか?」

P「何かって?」

P「とにかく嫌われてないみたいでよかった~安心したわ~」

美希・貴音・やよい(駄目だコイツ・・・)
終わ
18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/05(金) 23:18:32.71 ID:uJYHgHN70
もうちょっとだけ続くんじゃ

—-

伊織「――ってことがあってね」ニコニコ

美希「それで、そのあと何もなかったの?」(激しくデジャブなの・・)

伊織「何かって?」

貴音「愛の告白、とかです」(きっと何も無いのでしょうね・・)
19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/05(金) 23:19:10.42 ID:uJYHgHN70
伊織「なっ、まっ、まさかアイツから何か聞いたの!?////」

やよい「え?」

美希「・・ん?」

貴音「おや?」

伊織「ハッ!?」

伊織「そうだこれからレッスンに行かなきゃ」

美希「逃がさないの」ガシッ
20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/05(金) 23:19:52.58 ID:uJYHgHN70

春香「そうだよ、お菓子でも食べてゆっくりしなって」

亜美「なにやら面白そうな話があるようで」

真美「さっさと吐いちまいな、いおりん」

伊織「なっ、アンタたち、いつの間に・・!?」

あずさ「ラブコメの波動を感じたので」

真「恋バナと聞いて」

雪歩「わ、私も気になる」

千早「私たちのことは気にせず続けて?」

響「さぁ話すさー!」

ヤイノ ヤイノ ヤイノ
21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/05(金) 23:20:24.23 ID:uJYHgHN70
P「なんだか賑やかですね」

律子「プロデューサー、今日は機嫌がいいみたいですね。何かいいことあったんですか?」

P「さぁ、どうでしょう」フフッ

小鳥「また一人裏切り者が・・・」

終わり
23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 07:39:01.37 ID:JmUEA/aKo
乙おつ


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑