【アイマスSS】プロデューサー「真の家に家庭訪問をしたら、結婚の許しと勘違いされた」

公開日: 


1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/27(土) 01:36:58 ID:4J73HIOk
夕方 765プロ事務所

P「と、言う訳で、俺を踏んでくれないか?」

真「お断りします」
P「いや、変な意味じゃないんだ!!」アセアセ

真「変な意味にしか聞こえませんけど?」ジトーッ

P「まず床にシートを敷いて、そんで靴と上着を脱いで俺がうつ伏せに寝るからさ?」

P「足の裏と背中を踏んで欲しいんだ」
真「ああ……マッサージですか?」

P「そうそっ、頼むよ真。五分で良いからっ!!」ペコリ
2 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/27(土) 09:11:20 ID:4J73HIOk

真「うーん。まぁ、それなら……」

P「よしきた!! それじゃ、シートとマットを敷いて」シキシキ
P「上着と靴を脱いで」ヌギヌギ

P「うつ伏せに寝転んで」ゴロン

P「さぁさぁ、いざぁ、踏んでくれー!!」

真「はぁぁっ、仕方ないなぁ……じゃあ、ボクも靴を脱いで、っと」ヌギヌギ
真「行きますよプロデューサー?」

P「おー」
3 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/27(土) 09:37:58 ID:4J73HIOk

真「まずは、足の裏から」

真「いっち、にっ、いっち、にっ」フミフミ
P「あーーーーー」

真「ふふっ、変な声。そんなに気持ちいいんですか?」クスクスッ

P「ああ、やっばいぐらいクるな」

真「よっ、はっ、踏まれて気持ちいいなんて、よっぽど疲れてるんですね?」フミフミ
真「もっと、強くしてみますか?」

P「ん? そうだな、やってみてくれ」
4 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/27(土) 09:47:20 ID:4J73HIOk

真「はいっ、せーーーのっ」

真「ぎゅぅぅっ、ぎゅぅぅっ……っと」ギュッ ギュッ グリグリ
P「あひいいいいい!!」

真「あれっ、もしかして痛いとか?」ギュム ギュムッ

P「いや、まこりんの足テクたまらん」

真「ちょっ、そんな言い方ヤメてくださいよもうっ!!」ギュッ ギュッ
P「あーーーーー」

真「ふふっ」クスッ
5 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/27(土) 11:54:19 ID:4J73HIOk

真「……」フミフミ ギュッギュッ

P「あーーーーー」
P「あっ、そろそろ背中を頼めるか?」

真「まだそんなに踏んでませんよ?」

P「最初に五分って言ったからな」

真「気にしなくていいのに……」クスッ
真「わかりました。背中ってどの辺りですか?」

P「腰から、徐々に上へ移動する感じでお願いしまうま」
6 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/27(土) 14:53:01 ID:4J73HIOk

真「はいはい。それじゃ、お馬さんの背中を踏んじゃいますよぉ」

真「えいっ!!」フミッ
P「いやいや、踏むと言うか、そのまま乗っかってくれ」

真「……」

真「重いとか、言いません?」

P「言わないよ」
真「ホントですかぁ? 言ったら怒りますからね?」

P「おう。ぜーーーったい、言わないって」
7 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/27(土) 15:30:52 ID:4J73HIOk

真「……」

P「あく」
真「……」

真「……」ノシッ

P「おっ」

真「重いって言ったなぁ、このぉ!!」グリグリグリグリ
P「ぐえっ、言ってないだろっ!? 言ってないから顔を踏むのヤメろ!!」

P「普通に背中をっ、ぐっ、ぐぎぎっ、た、たしゅけ、て……」プルプル
8 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/27(土) 18:29:03 ID:4J73HIOk

真「はぁぁっ、しようがない人なんだから全く」パッ

真「重い女の子が、背中に乗りますよーだ」ノシッ
真「いっち、にっ、いっち、にっ。ふみふみ、ぎゅっぎゅっ、ふみふみ、ぎゅっぎゅっ」フミフミギュッギュッ

P「だから重くないって。真のグラビアは俺が一番見てるんだから」

P「どれだけ身体が細いのかも知ってるよ」

真「……」
真「……」フミフミフミフミフミフミフミフミ

P「まっ、真!? もっ、もう少し、し、しっ、ゆっ、く、く、くりっ」ブルブル
9 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/27(土) 21:50:03 ID:4J73HIOk

真「……」

真「背骨の、ちょっと横の所を……ぎゅぅぅっ。こんな感じですか?」ギュムッ ギュムッ
P「あーーーーー」

P「あーーーーー」

P「そんな感じ。そのまま、腰から肩甲骨の位置まで、少しずつ上がって来てくれ」

真「はいはい、っと」ギュッ ギュッ
P「あーーーーー」

真「よっ、ほっ、とりゃ、なかなか……バランスを取るの難しくて、体幹を鍛えるトレーニングになりそうですね」ギュムッ ギュムッ
10 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/27(土) 22:00:59 ID:4J73HIOk

P「ん、もしかしてフラついてるのか? だったら危ないし、もう止めよう」

真「あははっ、心配性だなぁ。大丈夫ですって、ボクにお任……あわわっ!?」ヨロッ
真「きゃあっ!!」ドシンッ

真「っ、てて……」

真「あ」チラッ

真「プロデューサーの上にっ、尻餅ついちゃってすみません!!」サッ
P「真に、け、ケガが無くて何よりさ。わっはっはー」

P(俺の腰から、変な音しなかったか今!?)ダラダラ
15 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/28(日) 10:44:09 ID:KZAlXc0E

真「大丈夫、ですか?」スリスリ

P「ははっ。大丈夫だよ。へーきへーき」
P(うおおおおっ、腰を触らないでくれえええええ)ピクピクッ

P「ありがとう真、引き留めて悪かったな。帰って良いぞ?」

真「……」スリスリ ナデナデ

P「まこ、と?」
真「プロデューサーが立ち上がれたら、帰ります」

P「え゙っ!?」ギクッ
16 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/28(日) 10:50:53 ID:KZAlXc0E

真「どうなんですか?」スリスリ ナデナデ

P「ごめんなさい……」
真「やっぱり」

P「あっ、でも少し横になってれば治るし、問題ないさ」

真「ふぅっ。仕方ありませんね」トテテッ

真「えっと……アレがあっちで、コレがそっちでー」ガサゴソ
P「ん、何か探してるのか?」

真「はいっ、せっかくなので、耳かきでもして上げようかなぁと……あったあった♪」
17 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/28(日) 11:09:53 ID:KZAlXc0E

P「耳かき?」

真「最近したの、いつか覚えてますか?」
P「確か、先週。いや、先々週……んっ? ちょっと待ってくれ、すぐ思い出す」

真「あー、もういいです。分かりましたから」

真「それじゃ、念入りにコッチのもーっと」ガサゴソ

真「うん。これでよしっ」
真「プロデューサー、横向きになれますか?」トテテッ

P「おう、それぐらいなら」
18 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/28(日) 11:24:05 ID:KZAlXc0E

真「ではっ、ボクがここに座りますので」スッ

真「頭を、ボクの太もも(ココ)へ」ペチペチ
P「……」

真「ちなみに、硬いって言ったら耳かき棒を突き刺しますからね?」

P「……」ゴロンッ

P「まこりんの太ももは、か……柔らかいです、はい」
真「ですよねぇー?」ニコリ

P「はい」
19 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/28(日) 11:33:08 ID:KZAlXc0E

真「始めはこっちの耳から……」

真「耳の中を、は、い、け、んーっと」ジィーッ
真「ふむふむ」

真「うっわ、だいぶ汚れてますよ?」

P「なんかごめんなさい。やっぱ汚いよな?」

P「これからは、小まめにするよ」
真「えっ? まぁボクは別に、気にしませんけど……気にしませんけど?」

真「そうだ!! これからは、ボクがプロデューサーの耳かき、してあげますねっ」
22 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/28(日) 15:58:17 ID:KZAlXc0E

P「以前話題になった、JK耳かきっての思い出すな……」

真「あははっ、なんですかそれぇ。料金なんか取りませんてば」クスクスッ
真「ではでは、ティッシュを化粧水で湿らせて、と」チャポチャポ

真「耳の外側を拭いて、マッサージからして行きますよ?」

P「おっ、何か本格的だな」

真「そうですか? すこーし冷たいけど、我慢してください」スッ
真「ごーしごーしー、きゅっきゅっ♪」ゴシゴシ

真「このボクが、綺麗にしちゃいますからねぇ」
24 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/28(日) 17:27:00 ID:KZAlXc0E


P「あーーーーー」

真「ふふっ」ゴシゴシ
P「真に耳を拭かれるだけの仕事をしたい」

真「ぷっ、くくっ、あはははははっ!! あー、はいはい。そーですねー。考えておきますねー」

真「おっとと、もういいかな?」

真「次は、耳のコリコリする所……軟骨部分を指でマッサージします」スッ
真「耳を少し折り畳んで、親指と人差し指で摘まむようにして、ぎゅっ、ぎゅっ……っと」コリコリ ギュッギュッ

P「おおっ!! 新鮮な感覚だな。これは好きかも知れない」
25 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/28(日) 18:51:55 ID:KZAlXc0E

真「普段されない事をされると、気持ちいいですもんね」ギュッギュッ

P「あーーーーー」
真「このまま、柔い耳たぶもっ」モミモミ フニフニ

P「真に耳をマッサージされるだけの仕事をしたい」

真「ふふっ。もう浮気ですかぁ? じゃあ拭きませーん」モミモミ フニフニ

P「ああ、拭かれるのも愛してるよー」
真「はいはい」クスッ

真「っと。マッサージは、このぐらいにしましょう……」
26 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/28(日) 19:03:39 ID:KZAlXc0E

真「そしてここでぇ……ジャガジャガジャガジャガ、バァーーーン!!」

真「耳かき棒の登場っ!! これ、普段からボクが使ってるヤツなんですけど、すっごく感触が良いんですっ」ニコリ
P「へーっ、俺はいつも100円ショップのだからな。それは楽しみだ」

真「期待しててくださいプロデューサー。それじゃ、行きますよー」スッ

真「最初は、穴の周りから……えいっ」カリッ カリッ

P「あーーーーー」
真「わはぁっ、いっぱい取れますねぇ」

真「これ、楽しいなー♪」カリッ カリッ
27 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/28(日) 19:16:56 ID:KZAlXc0E

P「真に耳かきされるだけの仕事をしたい」

真「言うと思った」クスッ
真「ゴホン。そろそろ、穴の奥まで耳かき棒を入れますよー?」

真「危ないですから、絶対に動かないでください」

P「ん」

真「ではではでは、耳の中も……カリ、カリっと」カリッ カリッ
P「あひいいいいいいいい」ゾクゾクッ

真「うわぁっ!? だから、動くと危ないですよっ!!」
28 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/28(日) 19:28:00 ID:KZAlXc0E

P「いや、でもだな……」

真「男は我慢ですよ、が、ま、ん」ニコリ
P「むっ」

真「ふふっ」カリッ カリッ

P「……」

真「……」スッ
真「ふーーーーっ」

P「あひいいいいいいいい」ゾクゾクッ
29 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/28(日) 19:41:07 ID:KZAlXc0E

P「急に、いっ、息を吹き掛けるなっ!!」プルプル

真「くすっ、変なこえっ、あはははははっ!!」
真「ひーっ、笑わさないでくださいよぉ、ん、くくっ」クスクスッ

P「……」

真「あれれっ、怒っちゃいました?」

P「別に」
真「ふふっ……」クスッ

真「ほらほらっ。お詫びに、耳を綺麗にしてあげますってば」カリッ カリッ
30 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/28(日) 21:12:17 ID:KZAlXc0E

真「ん……」カリカリッ カリッ

真「んー、んっ?」
P「?」

真「んんっ!?」

P「おい、どうしたんだよっ!?」ビクッ

真「あ、ただのクセです。耳かきする時の」
P「……」

P「そっちの方が、変な声じゃないのか? と言うか、俺が不安になるから止めてくれ……」
31 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/28(日) 21:21:33 ID:KZAlXc0E

真「はーーーい」クスッ

真「取れにくいのは、こっちの綿棒を使いますね?」
P「綿棒? 俺のはカサカサだぞ?」

真「だぁかぁらぁ、この綿棒も化粧水で湿らせて」ピチョピチョ

P「ああ、成る程なぁ……」

真「今度は、耳の中を擦るように、こすこすしてきますねっ」スッ
P「はーーーい」

真「ではではでは、ではっ……こす、こす、っと」コスコスッ コスコスッ
37 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/29(月) 22:08:01 ID:wiT1X31Y

P「あーーーーー」

P「もう、どうにでもしてくれー」
真「こうされるの、気持ちいいですか?」コスッ コスッ

P「睡魔が襲ってく、りゅ……」

真「ふふっ」ニコリ

真「お疲れ様ですプロデューサー、明日からまた大変なお仕事ですもんね」コスッコスッ
真「しばらく、こうしてますから……このまま、寝ちゃってください」ナデナデ

P「……」
38 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/29(月) 22:18:33 ID:wiT1X31Y
30分後 765プロ事務所

P「すぅぅっ、すぅぅっ……」コクリッ コクリ

真「……」ナデナデ
真「あ、外……暗くなってる」チラッ

真「そろそろ、起こそうかな?」

真「結局、片方しか耳掃除してないや」クスッ

P「すぅぅっ、すぅぅっ……」
真「……」

真「プロデューサー、ボクをトップアイドルにしてくれたら……」ボソッ
39 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/29(月) 23:24:35 ID:wiT1X31Y

真「さっき言ってたお仕事、考えてあげますよっ」ニコリ

真「あははっ、それじゃまるでボクたちが結婚するみたいじゃないですかぁ……なーんて」
P「……」

真「……」

真「寝息が聞こえなくなりましたね?」

P「っっ!? すぅぅっ、すぅぅっ……」
真「もしかして、起きてました?」

P「寝てるヨ。何も聞いてないヨ」
40 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/29(月) 23:29:35 ID:wiT1X31Y

真「……」

P「……」
真「う」プルプル

P「鵜?」

真「うっ、うぅっ……」プルプルプルプル

P「鵜っ鵜ー?」
真「うわああああああああああ!! 忘れろっ、わすれろおおおおおおおおおお!!!」ベチベチッ

P「いてっ!? 叩くな叩くなっ!!」サッ
41 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/29(月) 23:57:24 ID:wiT1X31Y

真「フフフフフフフフフ」

P「おい……」タジッ
真「プロデューサーを殺して、ボクも死ぬしか」スチャッ

P「やめろ、耳かき棒を向けるな!!」

真「ワンワン、がるるるるるるるるるっ!!」

真「って、普通に動けてないですか?」
P「ん? そう言われれば、立てるし、腰の痛みも無くなったな」グイッ グイッ

真「ふぅっ、良かった……安心してボクも帰れます」
42 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/30(火) 09:23:01 ID:hwYeJKlk

P「送るか?」

真「いえ、お気持ちだけで。事務所を空にする訳にもいきませんしね」
P「そっか……ゴメン。五分って言ったのに」

真「……」

真「やっぱり……」

P「どした?」
真「やっぱり、反対の耳も綺麗にしちゃいますので」ストッ

真「はいプロデューサー、ボクのココに頭を乗っけてください」ペチペチ
43 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/30(火) 09:30:29 ID:hwYeJKlk

P「……」

P「そうだな。お願いまこりん」ゴロンッ
真「おまかせまこまこりん♪」ニコリ

真「こっちも拭いてきます。今度は、寝ないでくださいよぉ?」

P「おうっ!! むにゃむにゃ……」

美希「ハニーの寝顔も可愛いのっ」クスッ
真「そうだねっ」クスッ

真「……」
44 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/30(火) 09:37:29 ID:hwYeJKlk

響「ごめんだぞ真……実はさっきからドアの外に皆」ガチャッ

真「は?」
貴音「気にせずとも宜しいのですよ? 誰も非難など致しません」

真「……」

真美「ひそひそ」チラッ

亜美「ひそひそ」チラッ
真「……」プルプル

真「思いっきり引いてるじゃないか!?」
45 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/30(火) 09:50:44 ID:hwYeJKlk

真美「引いてないよっ、ねっ亜美?」

亜美「そうだよっ……そ、そうだよっ!!」コクコク
真美「まこまこり……キクチさんを、バカにしたりしないよね?」プルプル

亜美「ぶふっ!! くくっ、キクチさんをバカにする人が居たら、ゆるさないよ亜美たち!!」プルプル

真「……」

真「……」プルプルプルプル
真「うわああああああああああ!!!」

真「皆を殺してボクも死んでやるうううううううう!!!」
46 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/30(火) 09:53:14 ID:hwYeJKlk
おわり


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑