【アイマスSS】四条貴音「参りましたね。響のハム蔵を串刺しにしてしまいました」

公開日:  最終更新日:2015/12/11


1 : ◆VvEVFcGGrs 2014/09/09(火) 23:15:24.15 ID:uRRtU+8Wo

―9月8日 夜
貴音「まこと、美しき名月です」ズルズル

響「うん」

貴音「月を眺め、心地よき風に包まれ、友と語らう……至福の時とはまさにこのことでしょうか」ズルズル

響「そうだね」

貴音「ジュルッ…この良き日を響と過ごせ……ハムッ…わひゃくしはズルルッひわあへハムッ」

響「……」
響「風情が色々とだいなしだよ!!!!」
2 : ◆VvEVFcGGrs 2014/09/09(火) 23:19:27.71 ID:uRRtU+8Wo
貴音「はて……?」

響「はて……じゃないよ! そもそもちゃあしゅうの名月ってなんなんさー!」

貴音「その名の通り、ちゃあしゅうめんを食しつつ中秋の名月を眺めるのです」

響「別にうまくないぞ!」

貴音「そう言わず、響も一口どうですか」スッ

響「こっちはうまいぞ!」ズルズルッ

貴音「そうでしょうそうでしょう」

響「でもそうじゃねーよ!!」
3 : ◆VvEVFcGGrs 2014/09/09(火) 23:23:20.80 ID:uRRtU+8Wo
響「ゼェ……そもそもこういうのって普通は月見団子を食べるんじゃないのか?」

貴音「甘いですよ響。アイドルの私たちであるからこそ、普通という概念に縛られてはなりません」

響「ぐっ……なんかそれっぽいこと言っていいくるめられそうな気がするぞ」

貴音「それに、もちろんお団子も用意してあります」

響「なんだよもうー。あるならあるって言って欲しかったぞ」

貴音「こちらを」ススッ

響「それじゃあいただきまーす!」

貴音「どうぞ召し上がれ」

響「もぐっ……もぐっ……」

貴音「響、味の方は?」

響「これラーメンに入ってるタイプの肉団子だー!?」
4 : ◆VvEVFcGGrs 2014/09/09(火) 23:25:20.79 ID:uRRtU+8Wo
貴音「ふふっ、これがボケ倒しという高等てくにっくですよ」

響「ドヤ顔禁止!」

貴音「いけずです……」

響「ゼーハー……これ以上ツッコミいれてたら自分のノドが潰れちゃうよ」

貴音「それは大変です……もし響にそのようなことがあれば私は……」オロオロ

響「いやいや、そんな真剣に狼狽しなくても冗談だから大丈夫だぞ」

貴音「ほっ」

響「まぁ、せっかくの名月なんだからゆっくりと楽しむさー」

貴音「ええ……それではこちらに月見団子の方を」スッ

響「あ、ちゃんとしたのもあったんだな」
5 : ◆VvEVFcGGrs 2014/09/09(火) 23:27:26.94 ID:uRRtU+8Wo
貴音「お団子の味はどうですか響」

響「美味しいぞ!」モグモグ

貴音「喜んでいただけたようで何よりです」

響「たかねたかねっ」

貴音「どうしましたか?」

響「はい、あーん!」
6 : ◆VvEVFcGGrs 2014/09/09(火) 23:28:27.64 ID:uRRtU+8Wo
貴音「あーん、ですか」

響「ほらほら口を開けてよ!」

貴音「では……あーん」

響「よっ」ヒョイッ

貴音「もぐっ……まこと、美味ですね」


響「それじゃあもっと食べさせるぞ!」

貴音「しかしこれは……なんとも面映い」

響「あははっ! 照れなくてもいいんだぞ貴音っ♪」グリグリ

貴音「およよ」
7 : ◆VvEVFcGGrs 2014/09/09(火) 23:30:16.15 ID:uRRtU+8Wo
響「さぁ最後のひとつを……アレ?」

貴音「響?」

響「いや、なんかこの団子動いてないか?」

貴音「動く団子とは面妖な……」

響「んん~~?」

団子「……ヂュイ!」ヒョコッ

響「ってハム蔵!?」
8 : ◆VvEVFcGGrs 2014/09/09(火) 23:32:06.94 ID:uRRtU+8Wo
貴音「なんと」

響「びっくりしたなぁもう……気づかなかったらハム蔵を貴音の口に入れちゃう所だったぞ」

貴音「ハム蔵……一体どのような味なのでしょう」ジッ

ハム蔵「ヂュ、ヂュイ…」

響「貴音……冗談だろうけどハム蔵が怯えてるからやめてほしいさー……」

貴音「ふふっ、貴方もわたくしの大切な友人です。左様な真似はしませんよ」

ハム蔵「ヂュイッ♪」ホッ

響「じゃあ、改めて皆で月を眺めようよ」
9 : ◆VvEVFcGGrs 2014/09/09(火) 23:34:42.69 ID:uRRtU+8Wo

・・・・・・
・・・
貴音「響、水面に映る月がとても綺麗ですよ」

響「水面っていうかスープだけどな。というか貴音、またラーメンって食べすぎじゃないか?」

貴音「良いではありませんか。今宵は特別な一日なのですから」

響「あんまり食べすぎたらこのハム蔵みたいになっちゃうからなー」

ハム蔵「…zz」

貴音「気持ちよさそうに眠っておりますね」

響「まるまるしてハム蔵もお月様みたいだぞ!」
10 : ◆VvEVFcGGrs 2014/09/09(火) 23:39:26.40 ID:uRRtU+8Wo
貴音「響、実は月の兎はらぁめんの生地を練っているのですよ」

響「な、なんだってー!?」

響「……ってそんなわけないだろー!」

貴音「ふふふ」

響「まったくもう……自分をからかいすぎだぞ貴音は」

貴音「響だからこそ私は言えるのです」

貴音「貴女だから、響だからこそ」

響「ふぅん」

貴音「響は嫌ですか?」

響「まっ……自分も貴音になら悪い気はしないかな!」
11 : ◆VvEVFcGGrs 2014/09/09(火) 23:41:37.36 ID:uRRtU+8Wo
貴音「響」

響「んー?」

貴音「来年も、再来年も、その先も……共に同じ月を眺めましょう」

響「そうだな」

貴音「約束です」

響「うん、約束」
貴音「嘘ついたららぁめんのすぅぷ千杯のーます、ですよ」

響「いやそれはキツすぎるだろ」
おわり
12 : ◆VvEVFcGGrs 2014/09/09(火) 23:43:19.96 ID:uRRtU+8Wo
一日遅れたし短いけどひびたか書きたかったんです
というわけでおしまい
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/09(火) 23:45:39.81 ID:rylGc5Avo
乙でしたっ☆
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/10(水) 00:03:57.76 ID:NS3Yi1Lt0
おつおつ!
ひびたか、わっほい!


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑