【アイマスSS】秋月律子「プロデューサーってもしかして私の幼馴染じゃないですか?」

公開日:  最終更新日:2015/08/25


1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 13:50:24.17 ID:ZYECnEcLo
おめでとう――おめでとう――

本当におめでとう――

律子、おめでとう――
2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 13:52:04.79 ID:ZYECnEcLo
春香「あれ、プロデューサーさんは……?」

小鳥「春香ちゃん、まだ残ってたの? 律子さんと居酒屋に行ったわよ」

春香「ああ、結婚の時も二人で飲んでましたね」

小鳥「みんなが居る時だと、落ち着かないんじゃない?
その辺り、前から変わらないわよね。二人とも」

春香「いいなぁ、二人だけの二次会かぁ。私も行きたいなー……」

小鳥「言っとくけど、邪魔しちゃダメよ?
あれで結構デリケートなんだから、二人とも」

春香「わかってますよ。それより律子さん、居酒屋なんて大丈夫なんですかね」

小鳥「飲まないって言ってたから」

春香「なら、いいんですけど。それにしても楽しみですね、赤ちゃん……」
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 13:52:43.33 ID:ZYECnEcLo
――――
P「じゃ……」カチン

律子「はい、乾杯。って、私は烏龍茶ですが」カチン

P「うん、悪いな。俺だけ」

律子「いえいえ、気が済むまでどーぞ」

P「…………」ゴクゴク

律子「……ふぅー」

P「結婚の時もそうだったけどさ」

律子「はい」

P「こう、二人になる割に大した話もしないよな」

律子「そうですねぇ」クスッ
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 13:53:28.34 ID:ZYECnEcLo
P「アイドルの時もそうだったけど」

律子「アイドルと言えば、覚えてますか?」

P「何を?」

律子「初めてのオーディションで落ちた時」

P「ああ、覚えてる」

律子「私はそんな落ち込んでなかったのに、気分転換とか言ってあちこち連れ回して」

P「今思うと、俺の方が落ち込んでたんだな。うん」

律子「そうでしょう? いや、まあ、嬉しかったですけど」
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 13:55:13.08 ID:ZYECnEcLo
P「……いやー、しかし、律子はめんどくさい奴だったな」

律子「自覚はありましたよ?」

P「俺さ、もうちょっと褒められても良かったと思うんだな」

律子「どういうところですか? せっかくなんで、今褒めますよ」

P「律子のめんどくさいところに付き合った点を」

律子「ああー、まあ、それは影の努力というか……」

P「恩着せがましいかもしんないけどさ。他の人が知るよしもないことだし」

律子「私は褒めて……なかったですけど、その、今はすっごく感謝してますよ」

P「せっかくなんで、今褒めてくれ」

律子「えらいえらい」

P「……どーも」

律子「不満ですか?」

P「うんにゃ、十分」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 13:55:47.08 ID:ZYECnEcLo
律子「……本当にありがとうございました」

P「こちらこそ、ありがとう」

律子「私、感謝されることなんか……」

P「ここ最近よく考えていたんだけど、自分が支えていたつもりで、
律子にも支えられていたんだなぁ、と。だからありがとう」

律子「うーん、ピンと来ないなぁ」

P「俺自身、諦めそうになったことが何度もある」

律子「……マジですか?」

P「何度もだ。律子が居たから頑張れた……って律子が居るのは当たり前だし、
そもそも律子がステージやなんかに、まあ、それはいいか」
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 13:56:23.17 ID:ZYECnEcLo
律子「私、辞めることばかり考えてました」

P「うん。知ってる。何遍もこんな風に二人で話したじゃないか」

律子「分かんなかったんです。逃げることと、分を弁えることの違いが」

P「今は分かるか?」

律子「……どうでしょう。結果として、成功できましたけど」

P「逃げなくてよかった?」

律子「と言うか、もうその時は必死で……」

P「そうだなぁ。俺もお前も必死だった」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 13:56:58.93 ID:ZYECnEcLo
律子「プロデューサーも、悩んでた時期でしょう?」

P「律子とはまた違う種類の悩みだったけどな」

律子「そうだったんですか?」

P「俺はいかに律子を逃がすかっていうところでな」

律子「逃がすって……」

P「例えば、ほら、会社が……ってなった時に、他の事務所に移籍するとかさ」


律子「そんなことを」

P「俺は律子のこと好きだったからさ、もしそうなってもアイドル続けてほしかったんだ」
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 13:57:44.16 ID:ZYECnEcLo
律子「まあ、別な形で裏切っちゃいましたが……」

P「いいじゃんか。もういいだけ稼いでさ、お互い必死こいてやってたわけだし」

律子「恨んでませんか?」

P「活動期間自体は予定よりも長かったし、それに復帰なんて俺は全然頭になかったから」

律子「あれっ、じゃあ復活プロジェクト(仮)は……?」

P「いや、かも~って。復活するかも~って言ったつもりだった」

律子「じゃあ、ほとんどないようなものだったんですね」

P「はははっ。俺も疲れちゃったからさ、少し充電期間が欲しかったんだよ」

律子「なるほど。それなら、まあ、安心かな」
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 13:58:10.96 ID:ZYECnEcLo
P「まあ、でも、驚いたよ。結婚なんて聞いた時は」

律子「でしょうね。私も色気がないというか、そーゆー話は全然しなかったし」

P「どんな人なんだっけ」

律子「うーん、プロデューサー殿に似てますよ」

P「ガサツで遠慮のない、しかも嫌味な奴だ」

律子「あははっ。そうですねぇ」

P「でも、順調なようでよかった」

律子「はい。まあ、偶に喧嘩の一つもしますけどね」

P「…………」ゴクゴク
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 13:58:58.33 ID:ZYECnEcLo
律子「プロデューサーは、どう思いました。私の結婚」

P「……どうって、まあ、驚いた。っていうのはさっき言ったか」

律子「そういうことじゃなくて、その、ショックでした?」

P「うーん……そうだな、時期が時期なら、相当ショックだったろうけど」

律子「時期ですか」

P「俺にもなあ、律子が異性として好きな時期があったのだ」

律子「私も、あなたのことが好きな時期がありましたよ」

P「奇遇だな」

律子「ええ、奇遇ですね」
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 14:00:13.80 ID:ZYECnEcLo
P「冷めたとはまた違うんだけど、なんていうのかな……。
でも、結婚って聞いた時は驚いたけど、素直に喜べたよ。マジで」

律子「なんか、家族に近い存在になっちゃいましたよねー」フフッ

P「そう、それ。妹だな」

律子「私はどっちかと言うと、あなたのことは弟分として見てるんだけど」

P「はははっ、マジかよ」

律子「マジよ~。大マジよ~」

P「酔ってんのか律子姉さん」

律子「うふふ、いや、嬉しくって」

P「何がだよ」

律子「ふふふっ。プロデューサーも、早いとこお嫁さん見つけてください」

P「そうだなぁ、そのうち」

律子「そのうちじゃダメ~。明日から!」

P「わかったよ」
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 14:00:41.50 ID:ZYECnEcLo
律子「結婚はいいものですよ?」

P「見れば分かるよ」

律子「でしょう?」

P「家族ももう一人か」

律子「ええ、授かりまして」

P「身体には気をつけろよ」

律子「言われなくても分かってます」

P「ということで、ぼちぼち出よう」

律子「あははっ。そうですね」
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 14:01:18.88 ID:ZYECnEcLo
――――
P「なあ、律子」

律子「はい」

P「さっきも言ったけど、家族みたいなものだからさ」

律子「はい」

P「……俺たち、こうして別々の道を歩いても、心は繋がってるはずだから」

律子「そうですねぇ……」

P「というか、さ、まあ、なんだ、何というか、分かるだろ」

律子「ええ、わかりますよ」クスッ
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 14:02:02.57 ID:ZYECnEcLo
P「……今までありがとう」

律子「こちらこそ、ありがとうございました。……プロデューサー殿」

P「俺はいつだってお前を好きでいるからな」

律子「……私も、そうだと思います」

P「律子、おめでとう」
END
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 14:03:23.47 ID:ZYECnEcLo
律子、おめでとう。中の人、おめでとう。
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 14:19:00.61 ID:7r3x4rT4o
後は無事生まれてくれることを願うわ
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 18:41:56.61 ID:FR0hXelco


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑