萩原雪歩「プロデューサー!これから私のこと、ゆきぴょんって呼んでほしいんです・・・」

公開日: 


1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 11:46:23.74 ID:wkhySH/Lo
P「……」カタカタ

雪歩「プロデューサー、お茶です」コト

P「お、悪いな雪歩」

雪歩「いえ、好きでやってることですから」

P「はは、ありがとな、うん、ちょうどいいし、少し休憩しようかな」

雪歩「あ、それならお茶菓子も持ってきますね」

P「うん、ありがとう」

雪歩「ふふ、少し待っててください」

P「ああ」

―――
――

3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 11:50:43.58 ID:wkhySH/Lo
P「……ふぅ、やっぱり雪歩が淹れたお茶はおいしいな」

雪歩「ふふ、そうですか?」

P「ああ、疲れがとれるよ」

雪歩「それならよかったですぅ」

P「……なんか、落ち着くな」

雪歩「え?」

P「いや、こうやって雪歩と一緒にいるとさ、なんか落ち着くなって」

雪歩「……そうですね」
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 12:04:44.99 ID:wkhySH/Lo
P「初めて会ったときはどうなることかと思ったけどなぁ」

雪歩「あ、あの頃はその……」

P「目をあわせてくれないどころか、近づけもしなかったからな」

雪歩「う、うぅ……」

P「男性が苦手だとは聞いてたけど、あれほどとは……」

雪歩「ご、ごめんなさぃ……」

P「はは、でも、今はこうして隣に座れるようにもなった」

雪歩「プロデューサー……」

P「大股3歩の距離も、少しずつだけど、ちゃんと縮められた」
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 12:13:17.67 ID:wkhySH/Lo
雪歩「……」

P「こうしてると、雪歩は本当に成長したなって思うよ」

雪歩「……プロデューサーのおかげです」

P「俺はそんなに大したことはしてないさ、雪歩が自分でここまで歩いてきたんだ」

雪歩「そんなことないです……プロデューサーはダメダメだった私を、ここまで引っ張ってきてくれました」

P「……」

雪歩「プロデューサーがいつも前にいたから、道を作ってくれたから、私はここまで歩いてこられたんです」

P「はは、まぁ、平らな道は作ってやれなかったけどな」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 12:23:33.90 ID:wkhySH/Lo
雪歩「ふふ、そうですね、ちょっと大変でした……でも、歩いてきてよかったって思えます」

P「……そうか」

雪歩「はい!」

P「それなら良かったよ」

雪歩「……プロデューサー?」

P「ん?何だ?」

雪歩「私……確かに男の人は前に比べたら大丈夫になりましたけど……」

P「けど?」

雪歩「……こんなに近づけるのは、プロデューサーだけ……なんですよ?」
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 12:33:10.38 ID:wkhySH/Lo
P「え?」

雪歩「……」

P「え、えーとそれは……」

雪歩「……それは、きっと、プロデューサーからも、私に近づいてくれたからです」

P「へ?」

雪歩「初対面であれだけ避けられたら……普通の人は近づこうなんて思わないです」

P「……」

雪歩「でも、プロデューサーは違いました。そんな私に、ちゃんと近づこうとしてくれました」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 12:37:30.15 ID:wkhySH/Lo
P「……」

雪歩「だから今のこの距離は……私にとって、特別な距離なんです」

P「……そっか」

雪歩「はい、プロデューサーと二人で縮めた、二人だけの距離です」

P「二人だけの距離か……」

雪歩「?どうかしたんですか?」

P「いや、雪歩、多分無意識で言ってるんだろうけどさ」

雪歩「?」
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 12:46:27.05 ID:wkhySH/Lo
P「それって、端から聞いたら結構すごい発言だなと思って」

雪歩「へ?」

P「……」

雪歩「あっ……」カァァ

P「……」

雪歩「……こ、こんな……」プルプル

P「ゆ、雪歩?だ、大丈夫だぞー、そういうつもりじゃなかったのはわ、わかってるから、な?」

雪歩「変なこと言っちゃう私は……」プルプル

P「お、落ち着け雪歩……」

雪歩「穴掘って埋まってますぅぅぅぅ!!」ジャキ

P「うわぁぁぁ!落ちつけ雪歩!」
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 12:52:41.46 ID:wkhySH/Lo
―――
――

P「……落ち着いたか?」

雪歩「はいぃ……すみません」

P「いや、別に大丈夫だよ、俺も悪かったしな」

雪歩「うぅ……」

P「ま、まぁまぁ、気を取り直して、次のオフの予定でも考えるか!」

雪歩「え?」

P「ほら、雪歩今度のオフは一緒に出かけたいって言ってただろ?」

雪歩「あ、は、はい!……えーと、でもその日は……」

P「ん?もしかして都合が悪くなったのか?」

雪歩「い、いえ!そういうわけじゃないですぅ!」
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 12:58:35.51 ID:wkhySH/Lo
P「だったらどうしたんだ?」

雪歩「え、えーとその……」

P「?」

雪歩「そ、その日は、私の方で一応予定を考えてて……」

P「お、何だ、そうだったのか」

雪歩「はい、その……私なんかが考えたものじゃつまらないかもですけど……」

P「はは、そんなことないさ、聞かせてくれるか?」

雪歩「は、はい!」
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 13:01:31.03 ID:wkhySH/Lo
~休日~

―公園―

P「あ、おーい、雪歩ー!」タッタッ

雪歩「プロデューサー、おはようございますぅ」

P「早めに来たつもりだったんだけどなぁ……待たせちゃったか?」

雪歩「いえ、そんなことないですよ」

P「そうか?」

雪歩「はい!」

P「うん、なら良かった」
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 13:06:58.63 ID:wkhySH/Lo
雪歩「いい天気ですね」

P「ああ、そうだなぁ絶好の……この場合は何て言うんだろうな?」

雪歩「え?えーと……」

P「ピクニックともまた違うし……」

雪歩「のんびり日和……?」

P「はは、そうなるかな」

雪歩「ふふ、そうですね」

―――
――

15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 13:14:53.26 ID:wkhySH/Lo
P「え?公園でお茶飲んだりお弁当を食べたりするだけ?」

雪歩「はい、どうですか?」

P「うーん……」

雪歩「や、やっぱり嫌ですか……?」

P「いや、そういうわけじゃないけど……雪歩はそれでいいのか?」

雪歩「え?」

P「せっかく久しぶりのオフなんだからもっと色々と……そうだな、たとえば遊園地に遊びにいったりとか、そういうこともできるんだぞ?」

雪歩「……そういうのもいいですけど、私はプロデューサーと一緒に、ゆっくり過ごしたいなって思って」

P「……そっか、うん、いいかもな、公園でのんびりと過ごすのも」

雪歩「はい、きっと楽しいと思います」

P「よーし、じゃあそうするか!」

雪歩「はい!」

―――
――

16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 13:24:06.06 ID:wkhySH/Lo
ズズッ

P「うん!やっぱり雪歩のお茶は美味い」

雪歩「ふふ、プロデューサーいつもそう言いますね」

P「だって本当に美味いからなぁ、つい口に出てしまうんだ」

雪歩「ふふ、ありがとうございます」

P「それにしても、人が少ないな」

雪歩「今日は平日ですし、それにこの公園はもともとあまり人がこないんですよ」


P「へー、綺麗な公園なのになぁ」

雪歩「そうですね」

P「何でだろうな?」

雪歩「何ででしょうか?」
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 13:29:05.50 ID:wkhySH/Lo
P「え?雪歩も知らないのか?」

雪歩「はい」

P「うーん何でだろうなぁ……」

雪歩「んー……」

P「……ま、いいか」

雪歩「ふふ、そうですね」

P「雪歩、おかわりもらえるか?」

雪歩「はい、ちょっと待ってくださいね」

―――
――

18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 13:38:31.67 ID:wkhySH/Lo
グゥ~

P「あ……」

雪歩「ふふふ、プロデューサー、お腹すいたんですか?」

P「ああ、実は今朝は何も食べてなくてさ……」

雪歩「え?そうなんですか?」

P「うん、雪歩が弁当作ってくれるって話だったからそれが楽しみでな……」

雪歩「も、もう!いくら楽しみでもそんなことしちゃだめですよぉ!」

P「そ、そうだよな……」

雪歩「で、でも……そんなに楽しみにしてくれてたなんて……ちょっと、嬉しいです」

P「雪歩、がっつくようで悪いんだが……」

雪歩「ふふ、そうですね、そろそろお昼ですし、お弁当準備しますね」

―――
――

19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 13:42:54.64 ID:wkhySH/Lo
P「おお~!すごいなぁ!」

雪歩「そ、そうですか?えへへ……」

P「これ、本当に雪歩が全部作ったのか?」

雪歩「は、はい」

P「うーん、これはきっといいお嫁さんになるなぁ」

雪歩「へっ!?お、お嫁さんなんてそんな……」カァァ

P「それじゃあ、早速食べてもいいか雪歩?」

雪歩「お嫁さん……えへへ……」

P「雪歩?」

雪歩「へ?……あ!ど、どうぞ!」

P「よーし、それじゃあいただきます!」
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 13:47:23.65 ID:wkhySH/Lo
P「……」モグモグ

雪歩「ど、どうですか……?」

P「……」

雪歩「プロデューサー?」

P「……」

雪歩「う、うぅ……やっぱり、私なんかが作ったお弁当なんて……」

P「……雪歩」

雪歩「……え?」

P「結婚しよう」

雪歩「へ……?」

P「ん?あ……」

雪歩「え?え……えぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

―――
――

21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 13:54:28.73 ID:wkhySH/Lo
P「本当悪かったよ……」

雪歩「……」

P「あまりにも美味くてさ……なんか、つい……」

雪歩「……知りません」プイ

P「いや、でもな、本当にそれぐらい美味しかったんだ」

雪歩「……本当に、びっくりしたんですよ」

P「はい、ごめんなさい」

雪歩「プロデューサーは……誰にでもああいうこと言うんですか?」

P「まさか、言わないよ、さっきのはなんて言うか本当に自分でも気づかないうちにだな……」

雪歩「……なら、許してあげます」

P「おお、ありがとう雪歩!」
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 13:57:07.73 ID:wkhySH/Lo
雪歩「でも、ああいうことは簡単に言っちゃダメですからね?」

P「はい、気をつけます」

雪歩「……ふふ、それじゃあお弁当、食べましょう」

P「ああ、ありとう雪歩」

―――
――

23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 14:01:57.97 ID:wkhySH/Lo
P「ふわぁ……」

雪歩「プロデューサー、もしかして眠いんですか?」

P「ん、ちょっとな、お腹いっぱいになったら急に睡魔が……」

雪歩「……そ、それなら……」

P「?どうした?」

雪歩「え、えーと……ど、どうぞ!」ポンポン

P「……」

雪歩「……」ポンポン

P「(雪歩が自分の膝を叩いてる……これはつまりその……)」

雪歩「……うぅ、嫌、ですか……?」ウルウル

P「」

―――
――

24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 14:08:42.71 ID:wkhySH/Lo
P「(断れるはずがなかった……断れるはずがなかったんだ)」

雪歩「えへへ……」ナデナデ

P「(何故か頭も撫でられている……いや、もうどうでもいいや)」

雪歩「ふふ……」ナデナデ

P「(ちょっと気持ちいいし……)」

雪歩「……」ニコニコ

P「(雪歩も満足そうだし……まぁ……いい……か……)」

―――
――

26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 14:12:03.15 ID:wkhySH/Lo
P「スー……」

雪歩「ふふ……プロデューサー、寝ちゃった」

P「スー……スー……」

雪歩「……」ナデ…

P「ん……」

雪歩「プロデューサー」

P「スー……」

雪歩「私、プロデューサーのことが好きです」

P「スー……スー……」
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 14:16:20.21 ID:wkhySH/Lo
雪歩「でも、今は、まだこの気持ちは……胸にしまっておきます」

P「スー……スー……」

雪歩「今はまだプロデューサーにもきっと迷惑をかけちゃうし、それに、まだ……」

P「ん……」

雪歩「胸を張って、好きだと言えません……」

P「スー……」

雪歩「私はまだ、プロデューサーに引っ張ってもらってます」

P「スー……スー……」
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 14:25:20.81 ID:wkhySH/Lo
雪歩「だから、まだ伝えられません」

P「スー……」

雪歩「でも、いつか、いつか胸を張って……あなたのことを好きだと言える日がきたら……」

P「ん……」

雪歩「自分の力で、歩ける時がきたら……」

P「スー……」

雪歩「この気持ちを……伝えます」

P「スー……スー……」

雪歩「ふふ……きっと、伝えますから……」ナデナデ

―――
――

29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 14:28:28.48 ID:wkhySH/Lo

必ず、伝えます……前を歩くあなたに追いついて……隣に並んで歩くことが出来た時に――――

30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 14:34:09.67 ID:wkhySH/Lo
~数年後~

雪歩「Pさん、お茶です」コト

P「お、悪いな」

雪歩「ふふ、日向ぼっこですか?」

P「ああ、今日は休みだし、いい天気だから」

雪歩「それじゃあ私も」

P「しかし、いい天気だなぁ」

雪歩「そうですね」キュ

P「ん?どうしたんだ?」

雪歩「ふふ、なんとなくです」

P「……そっか」

雪歩「あったかいですね」

P「ああ、あったかいなぁ」

―――
――

31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 14:35:16.85 ID:wkhySH/Lo

P「これからもずっと、雪歩とのんびりする幸せな日々が続きますように」

おしまい
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 14:35:59.38 ID:wkhySH/Lo
以上で終わりになります短くてすみません可愛い雪歩が書きたかっただけなんです反省します
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 14:36:39.31 ID:wkhySH/Lo
HTML依頼出してきます
ありがとうございました!
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 15:05:38.80 ID:Cx5fPB5J0
雪歩は天使
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 15:30:11.72 ID:kLaWv9US0
大天使雪歩
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/25(木) 15:38:49.87 ID:hFqixIMJ0
なんだただの天使か
おつー


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑